ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

『バイオハザード』最新作にあの大ヒットアニメを彷彿とさせるワンシーンが?! 【本編映像】

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
『バイオハザード』最新作にあの大ヒットアニメを彷彿とさせるワンシーンが?! 【本編映像】

12月23日(金・祝)に日本で世界最速公開される『バイオハザード:ザ・ファイナル』。この度、本作の本編映像が到着した。

https://youtu.be/ZhIj65uAAF0

「48時間で人類は滅びる」と人工知能・レッドクイーン(エヴァ・アンダーソン)に告げられる主人公アリス(ミラ・ジョヴォヴィッチ)。宿敵アンブレラ社が放った絶望的な数のアンデッドが地上を埋め尽くしていく中、アリスは生き残った仲間クレア(アリ・ラーター)たちと共に、アンブレラ社の心臓部である「ハイブ」を壊滅させるため、すべての物語がはじまった地、ラクーンシティに向かう。

今回到着した映像は、アリスがバイクで爆走しながら、到着するシーンだ。「ハイブ」で施設を制御するレッドクイーンとアンブレラ社幹部であるアルバート・ウェスカー(ショーン・ロバーツ)は、アリスが「ハイブ」に接近するのを察知。ミラが到着したその先は荒廃したラクーンシティ。「おかえり」という言葉を投げかけ、闘いに挑もうとする姿から、アンブレラ社との壮絶な最後の闘いを予見させる。

そして、映像のラストには、巨大な隕石でも落ちたかのような陥没した様子が映し出される。この光景、どこかで見たことはないだろうか?

そう……大ヒット映画『君の名は。』のワンシーンにそっくりなのだ!

予告映像1:00〜あたりのワンシーン

2002年に初めてスクリーンに登場して以来、1作ごとにスケールとパワー、そしてゲームユーザーに止まらないファンを増殖させ、独自の世界感を築き世界を熱狂の渦に巻き込んできた人気シリーズ最終作『バイオハザード:ザ・ファイナル』と、興行収入200億円を突破し、8月の公開から4ヶ月近くのロングランが続くなど社会現象化している『君の名は。』。出合うはずのなかった2つの作品が出合ってしまったのかも?!

究極のアクション超大作シリーズ最終作『バイオハザード:ザ・ファイナル』は 12月23日(金・祝)世界最速公開!


■『バイオハザード:ザ・ファイナル』公式サイト
BioHazard6.jp

関連記事リンク(外部サイト)

明石家さんまの神すぎるファン対応が「カッコよすぎる」と話題に
明石家さんまがタモリの仕事スタイルを語る 「羨ましい時がある。俺には出来ない」
井筒和幸監督、映画『ゴッドファーザー』を語る 「つまらない映画を何回観ても役立たない。『ゴッドファーザー』は価値観そのものが変わる」【前編】
BRAHMANのTOSHI
矢沢永吉が名言連発する日産CM『やっちゃえNISSAN』がカッコよすぎると話題に 「やりたいことやっちゃう人生のほうが、間違いなく面白い」

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。