ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

鮭といくらが一度に味わえる「鮭親子わっぱ飯」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

12月19日放送の「歴史の道歩き旅」(テレビ東京系、午前07時30分~)では、上杉謙信ゆかりの地を巡りながら日本海の冬の味覚を堪能する旅の中で、渡辺正行さんが「わっぱ飯・田舎家・新潟古町店」(新潟県新潟市中央区)を訪れた。同店は、JR新潟駅万代口から徒歩7分ほどにある和食店だ。

番組では、お店のメニューとして「鮭親子わっぱ飯」を紹介。「わっぱ飯」は初代店主が開発した田舎料理だそうだ。昆布ダシと生姜汁で炊いたご飯を、杉の板を曲げた容器「わっぱ」に入れ、鮭、三つ葉、青のりをのせて蒸気で蒸し上げ、仕上げにイクラをたっぷりとのせれば完成。わっぱで蒸したご飯はふっくらし、素材のうま味が広がるんだとか。

渡辺正之さんの前に「鮭親子わっぱ飯」が出されると、「綺麗ですね~緑とこのイクラ」とコメント。早速頂くと「あっ、これは美味しいですね~!温かいし、このいくらの漬け方がちょうど良いですね~。美味しい!」と美味しそうにわっぱ飯を堪能していた。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:わっぱ飯 田舎家 新潟古町店(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:新潟市中央区のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:和食のお店紹介
ぐるなび検索:新潟市中央区×和食のお店一覧
伊勢で伊勢エビを食べる
目の前でシェフが料理を作るイタリアンのパスタ

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。