体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

デビュー10周年を迎えた秦 基博、初の全国アリーナツアーへの想いを語る

デビュー10周年を迎えた秦 基博、初の全国アリーナツアーへの想いを語る

デビュー10周年を迎えた秦 基博は、2016年に2枚のシングル「スミレ」「70億のピース/終わりのない空」をリリースし、11月から初の全国アリーナツアー「HATA MOTOHIRO 10th Anniversary ARENA TOUR “All The Pieces”」を展開中。この中から、11月5日に行われた大阪城ホールでの公演の模様を12月25日21:00よりWOWOWで放送する。

今回のツアーは、バンドにストリングス隊を加えた編成で、これまでに世に放ってきた名曲の数々を最新のアレンジで聴かせる、秦 基博の軌跡がわかる内容になっている。そんなアリーナツアーへの想いを語ってもらった。

——2016年もあとわずか。デビュー10周年のアニバーサリーイヤーということですごく充実した年だったと思いますが、振り返ってみていかがでしたか?

秦 基博:2月に「スミレ」、10月に「70億のピース/終わりのない空」の2枚のシングルをリリースしましたし、春にはアルバム「青の光景」のツアー、そして11月からのアリーナツアーもあって、10周年というタイミングでたくさんの人に歌を届けに行けて良かったと思っています。

——デビューしてからの10年、いろんなことがあったと思いますが、感覚的には長かったですか? あっという間でしたか?

:“気づけば10年だな”という感じなので、あっという間でした。最初は10周年ということをあまり意識していなかったんですけど、Augusta Camp(9月17日に富士急ハイランド コニファーフォレストで開催された「Augusta Camp 2016 〜produced by 秦 基博〜」)とか、いろんな場面でたくさんの方々から10周年のお祝いの言葉をいただいたりして、やっと実感したところがあります。
そう言ってくださる方がいるということが恵まれてると思いますし、10年音楽を続けてこられたことも改めて有難いなと思える、そんな年になりました。

——11月8日に満10周年を迎えたわけですが、そのタイミングで11月1日の横浜アリーナから全7公演のアリーナツアーも始まりました。
「All The Pieces」というツアーのタイトルに込められた想いを教えてください。

:最新シングルの「70億のピース」からのインスピレーションもあって付けたタイトルです。僕が10年やってきた様々な表現方法など、自分が持っている全てを集めて、さらに会場に来てくれるみんながいて、全てのピースが揃って完成するような充実したライブにしたいと思いました。

——秦さんにとって、初のアリーナツアーということですが。

:はい、そうなんです。あとファイナルの福岡(12月23日(金・祝)マリンメッセ福岡)を残すのみとなりましたが、6公演を終えて、これまでに何度もライブに足を運んでくれている人だけでなく、初めて観に来たという人もたくさんいることがわかって。
10周年というタイミングと、アリーナという大きな会場だからこそ、新しい出会いが生まれたんじゃないかなって思うんです。
それがすごく嬉しかったですね。自分で言うのもなんですけど、音楽を介してみんながそこに集まって、コミュニケーションというか、何らかのやり取りや伝え合いをしているような、いい時間がどの会場にも流れていたような気がします。

——初のアリーナツアー、どんな気持ちで臨みましたか?

:そうですね。やっぱりアリーナは大きいので、そのキャパシティでどうやってお客さんに満足してもらえるか、会場の広さを超えてどう音楽を近く感じてもらえるかというのが重要だと思ったので、演出や構成もそのことを念頭に置いて考えました。
会場がピンと張り詰めた空気になるときも必要だし、逆に一番遠い席のお客さんに身近に感じてもらえるときも必要なので、その両方を生かすためにどうやってダイナミクスを付けていくかを自分なりに苦心したというか、かなり考えましたね。

——最新シングル曲の「70億のピース」「終わりのない空」をはじめ、代表曲の一つ「ひまわりの約束」、デビュー曲の「シンクロ」など、新旧織り交ぜたセットリストになっていますが、これもやはり10周年というのを意識して選ばれたんですか?

:はい。10周年をどう総括するか、さらに楽曲を今の自分がどう料理していくかを考えながらアレンジの方向性も決めていきました。
オリジナルアルバムのリリースにともなうツアーとは違うので、曲を決めるのに結構時間が掛かりましたね。
前回の「青の光景」のツアーが、アルバム自体もそうだったんですけど、ぐっと入り込んで聴いてもらうような内容だったので、今回のアリーナツアーはすごく開けた明るいライブにしたいという気持ちがありました。

1 2次のページ
Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。