ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

JR東日本、12月21日から公式アプリで京葉線と中央本線の列車走行位置の表示を開始

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

JR 東日本は 12 月 20 日、同社のスマートフォン向け公式アプリ「JR 東日本アプリ」で明日 12 月 21 日より列車走行位置の表示が可能な路線を拡大すると発表しました。「列車走行位置」機能は、選択した路線を運行している各列車の走行位置を路線図上で確認できる機能です。既に主要な路線を含む 17 路線では提供されています。21 日にはアプリのアップデートが予定されており、アップデート後から京葉線(東京 ~ 蘇我)と中央本線(立川 ~ 甲府)で本機能を利用することが可能になります。また、川越線の表示区間が高麗川まで延長します。アプリのアップデートでは上記のほかに、特急列車等の列車走行位置の表示に対応し、さらに、「列車走行位置」画面にも実際の駅ナンバリング記号が表示されるようになります。Source : JR 東日本(PDF)

■関連記事
スクエニ、Android版「ファイナルファンタジー IX」をAmazonアプリストアにリリース、今なら20%安い価格で購入可能
Spotify、Gear S2/S3向けアプリをリリース
ラディウス、使いやすさとフォーマット表示に優れたハイレゾ対応音楽プレイヤー「NePLAYER」の無料版「NePLAYER Lite」をリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。