ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

「ダース・ベイダーがいる時は怖くて誰も何も言えない(笑)」フェリシティ・ジョーンズ、ディエゴ・ルナ、ギャレス・エドワーズ監督が来日!『ローグ・ワン』記者会見

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
「ダース・ベイダーがいる時は怖くて誰も何も言えない(笑)」フェリシティ・ジョーンズ、ディエゴ・ルナ、ギャレス・エドワーズ監督が来日!『ローグ・ワン』記者会見

ファン待望の『スター・ウォーズ』シリーズ最新作、『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』の”アジア最速”来日記者会見が都内で開催され、主演のフェリシティ・ジョーンズ、ディエゴ・ルナ、ギャレス・エドワーズ監督が出席。旧シリーズの大人気キャラクターであるダース・ベイダーの登場に対する感想など、本作への想いを口々に語った。

本作は劇場第1作『エピソード4/新たなる希望』の<直前>までを描くアナザーストーリーで、反乱軍の寄せ集め極秘チーム<ローグ・ワン>が、ひとつの惑星を一撃で破壊するパワーの究極兵器”デス・スター”の設計図を奪うミッションを描く。日本での興行収入ランキングも堂々の第一位を記録して、シリーズでもめずらしい”泣けるスター・ウォーズ”として評判に。感動の”爆泣(バクキュー)”鑑賞者が続出しているとかいないとか。

『スター・ウォーズ』シリーズの大ファンというエドワーズ監督は、今作で”大復活”を遂げるダース・ベイダーのシーンで大興奮したといい、「撮影現場ってうるさいものだけれど、ベイダーがいる時は皆誰も話さなかった。誰も何も言えない。怖くて(笑)!」と、大人気キャラクターとの共闘に大感激! 「40代のスタッフが多かったけれど、フォースで殺されるかもしれないから誰も何も言えなかったのさ(笑)!」とジョークを飛ばした。

一方、反乱軍の情報将校キャシアン・アンドー役のディエゴは、「彼は真のヒーローだからね」とキャシアンの魅力を説明。「僕の時間を2年間貸してやっと返してもらったけれど、彼のようにはなかなかなれないと思う。ひとつの目標のためにすべてを犠牲にする男で、僕は学び中だが、彼のように実行できてはいない。素晴らしい男だ」と手放しで激賞した。

また、主人公のジン・アーソを演じるフェリシティは、「彼女は帝国軍に憎悪を抱いていて、そこが核だったので意識したわ。ストームトルーパーを観ただけで、激しい憎悪が出てくるほどなの」と演じる上でのポイントを解説。その主人公の成長が見ものとも言い、「冒頭ではアウトサイダー的な彼女が人々と出会って友情を育み、成長するの。ローグ・ワンのメンバーには共通点はないけれど、その下には皆同じ善の心を持っている。ひとつになって戦う姿に感動すると思うわ」と<ローグ・ワン>の物語を、自信を持って送り出した。

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』は大ヒット公開中!


© 2016 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

■『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』公式サイト
starwars.disney.co.jp/movie/r1.html

関連記事リンク(外部サイト)

BRAHMANのTOSHI
全員ワル!FBIも恐れたバルジャー率いる地獄のギャング集団「ウィンターヒル"ギャング」 【映画『ブラック・スキャンダル』集中連載①】
LINEアイコンを自分の顔写真にしてもモテない?男心をくすぐる「男盛アイコン」とは
矢沢永吉が名言連発する日産CM『やっちゃえNISSAN』がカッコよすぎると話題に 「やりたいことやっちゃう人生のほうが、間違いなく面白い」
明石家さんまの神すぎるファン対応が「カッコよすぎる」と話題に

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。