体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『12月20日はなんの日?』クリスマスまであと5日、ファミコン&ヒップホップ世代必見のザ・ルーツ×スーパーマリオ・セッション

『12月20日はなんの日?』クリスマスまであと5日、ファミコン&ヒップホップ世代必見のザ・ルーツ×スーパーマリオ・セッション

 いよいよクリスマスまであと5日。予定がある人もない人もクリスマスから年末年始に向けて心なしか浮き足立ってくる頃だろう。その昔、クリスマス・プレゼントにファミコンやそのソフトをおねだりし、その後ヒップホップやブラック・ミュージックに夢中になった世代にとって、見逃せないセッションが先日アメリカのテレビ番組内で実現している。

 ザ・ルーツがハウスバンドを務めていることで知られるジミー・ファーロンによる人気トーク番組『ザ・トゥナイト・ショー』。12月7日、同番組にあの「スーパーマリオブラザーズ」の生みの親であり、任天堂の代表取締役である宮本茂氏がゲスト出演を果たし、ザ・ルーツとともにあの「スーパーマリオブラザーズのテーマ」のセッションをおこなった。アコースティックギターを手にした宮本氏を中心にクエスト・ラヴらザ・ルーツのメンバーが同曲をタイトにまとめあげているセッションの模様は、全ファミコン世代必見! 現在、公式YouTubeチャンネルから視聴可能となっている。

◎Shigeru Miyamoto and The Roots Perform “Super Mario Bros. Theme”
https://www.youtube.com/watch?v=V17tXBePgfo

関連記事リンク(外部サイト)

ザ・ルーツ 11作目となるニューアルバム発売決定、新曲も解禁
ザ・ルーツのクエストラヴ、人気TVドラマに死体役で出演
ザ・ルーツ かつて落書きした地元の壁にバンドを称える絵が

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。