ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【台北最新レポ】 台湾レトロ!赤レンガ造りのスターバックス 日本で見かけない限定メニューも

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

DSC_1111
日本人に人気の旅行先、台北にもスターバックスの店舗が多くあります。その中でオススメなのが、Starbucks 保安店(星巴克保安門市)で、まず外観からなんともレトロで通常店舗と違います。
台北市内の西北にあるエリア、迪化街の周辺は「大稲埕」と呼ばれ、昔からバロック建築が多く、特に近年、レトロな台湾を感じることができると観光客に人気のスポットです。重慶北路沿いにあるこのスターバックスも赤レンガ造りでなかなか重厚感があり、じっくり見ないとスターバックスとは一見わかりづらいものの、おなじものロゴマークを見て「あっ!」と気づく人も多いはず。交差点の斜め向かいにあるカルフールが目印です。
この建物、パイナップルの缶詰で巨大な富を築いた商人の葉金塗さんによって1926年に建設されました。ちょうどこの頃はまさに日本統治時代で、大稲埕エリアは茶葉貿易で栄えていました。建物をよく見ると、パイナップルの彫刻や「秦」の社名ロゴも。そして、建物をリノベーションしてスターバックスになったとのことです。
DSC_1266
店内に入ると、天井が高くて明るい雰囲気で、大稲埕エリアでかつて栄えたという茶行をモチーフにした内装。スターバックスのスペシャルなコーヒー豆で提供する「リザーブ」もあります。通常メニューにはおなじみのドリップコーヒーから、台湾ならではのポットで提供される中国茶も。日本には見られないスターバックスのロゴ入りチーズケーキやパン、クリスマス限定のケーキなどラインナップも豊富。台湾のスターバックス限定のマグカップなどのグッズもたくさんそろっていてお土産にも良いでしょう。
DSC_1132
店舗は1階から3階まで。天井にシャンデリアがある2階、重厚感がある3階もおすすめ。1階では体験できない昔ながらの木製の窓や半個室の部屋、螺旋階段も見もの。天気がいいと1階の外にあるテラス席も気持ちよさそうで、台北で訪れる価値ありのスターバックスです。
DSC_1142
統一星巴克 President Starbucks Coffee Corp.http://www.starbucks.com.tw/
(Written by AS)

【Nicheee!編集部のイチオシ】

水と緑が感じられるオアシス 福岡大濠公園のスターバックスに行ってきた
青森・弘前のスタバがステキ! 元陸軍官舎で大正ロマンの香りただよう
大宰府のスタバ 日本で1、2を争う人気店舗は隈研吾氏デザイン

カテゴリー : エンタメ タグ :
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。