体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ビーン・トゥ・バーのチョコ専門店、「マジドゥショコラ」が自由が丘にオープン!

12月17日に自由が丘にオープンした、ビーン・トゥ・バーのチョコレート専門店「マジドゥショコラ」。オープン前のメディア向け試食体験会に参加してきましたので、その様子をご紹介したいと思います!

ビーン・トゥ・バーのチョコ専門店

ビーン・トゥ・バーのチョコ専門店、「マジドゥショコラ」が自由が丘にオープン!
自由が丘駅南口から徒歩3分ほどの場所にオープンした「マジドゥショコラ」。

ビーン・トゥ・バーのチョコ専門店、「マジドゥショコラ」が自由が丘にオープン!
店内はナチュラルな木目調でまとめられ、スタイリッシュで温かみある雰囲気。

ビーン・トゥ・バーのチョコ専門店、「マジドゥショコラ」が自由が丘にオープン!
世界各地のカカオ豆を紹介するディスプレイもあります。

チョコレートで世界中に笑顔の魔法を

ビーン・トゥ・バーのチョコ専門店、「マジドゥショコラ」が自由が丘にオープン!
オーナーシェフはみなとみらいにあるチョコレート専門店「バニラビーンズ」で工場長を務められていた、松室和海氏。カカオ豆から板チョコにするまでの全工程を一貫して手掛ける「ビーン・トゥ・バー(Bean to Bar)」にこだわり、さまざまな産地のカカオ豆の特徴を最大限に引き出す焙煎方法や配合を追求しているのだそう。

「僕が作ったチョコレートを食べていただいたお客さまだけでなく、カカオ豆生産者の方々にも笑顔になってほしい」と熱く語られていました。

カカオ豆の魅力が最大限に引き出された、こだわりのチョコレート

ビーン・トゥ・バーのチョコ専門店、「マジドゥショコラ」が自由が丘にオープン!
スフレから着想した、半生チョコレートケーキ「マジドゥショコラ」。和のレシピのエッセンスも取り入れた独自の製法によって、焼き上げているのだそう。タンザニア75%、ガーナ63%、パプアニューギニア35%、オランジュ、宇治抹茶、グリオッティーヌの6種。

「カカオ50%、60%などの板チョコは食べ比べしてもわかりにくいことがあるけれども、スフレのような口どけの良いものだと含有量の違いを感じやすい。ぜひ素材のおいしさを楽しんでいただければ」と、松室シェフからのお話もありました。

(次のページに続く)

■あわせて読みたい
ベトナムにカカオの木を買って届いた「チョコレートヌーヴォー」を食べてみた
広島の絶景カフェ。カカオと砂糖のみで作ったこだわりのチョコ「ウシオチョコラトル」
ハワイの数量限定土産!かわいいピンク色のチョコレート・マカダミアナッツ

ビーン・トゥ・バーのチョコ専門店、「マジドゥショコラ」が自由が丘にオープン!
濃厚ながらもくどくなく、軽くしっとりした滑らかな口当たり。芳醇な香りと風味が口の中に広がります。

ビーン・トゥ・バーのチョコ専門店、「マジドゥショコラ」が自由が丘にオープン!
第4のチョコレートとも呼ばれる、ブロンドチョコレート「No.4/ナンバーフォー」。ブロンドチョコレートを最もおいしく感じられる、生チョコレートに仕上げたのだそう。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会