ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

今年の冬は「スパイス白湯」が熱い!美容&デトックスにも◎

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
今年の冬は「スパイス白湯」が熱い!美容&デトックスにも◎

寒い冬の救世主!カラダが温まる「スパイス白湯」を作ってみよう♪

「白湯」の基本的な作り方・飲み方

今年もあと残りわずか、冬の寒さも一段と厳しくなりましたね。
こんな季節には、体がポカポカ温まり、デトックス効果も期待できる「白湯」はいかがでしょうか。
ここ最近、「白湯」にスパイスを加えた「スパイス白湯」が話題を集めています。
朝起きて1杯飲めば、整腸作用。夜眠る前に飲めば安眠効果など、白湯に好みのスパイスを足すだけで、白湯の効果がハイレベルに進化します!!
これから本格的な寒さを迎える季節、ぜひ毎朝の1杯を、コーヒーや紅茶から「スパイス白湯」にかえてみませんか?
まずは意外と知らない基本の「白湯」の作り方からご紹介します。

・基本の「白湯」の作り方
① やかんに水を入れて強火にかける。
② 沸騰したらふたを取り、ブクブクと泡出ったら火を弱める。湯気を逃しながら15分ほど沸騰させる。
*身体に取り入れやすい温度は約50度。白湯をカップに入れたとき、カップの表面が「少し熱い」ぐらいがちょうどよい温度です。身体より少し熱めのお湯を飲めばスムーズに体内に浸透し、効果が得やすくなります。また沸騰させることで、水道水の不純物を取り除くことができ、水道水独特のカルキ臭も軽減できます。

・飲むめやすは1日700~800ml
1杯(100~200ml)を1日に数回に分けて飲みます。
・飲む回数は1日3回、朝昼夜に。
1杯目は朝は起きてからすぐに飲みましょう。昼・夜は食事中と食後に分けて飲むとよいそうです。朝起きてすぐに白湯を飲むと、内臓が温まり活性化。血流がよくなり代謝力が上がります。食事中に白湯を飲むと、消化吸収を助けて、摂取した食べ物のカロリーが消費しやすくなるといわれます。

 

「スパイス白湯」の材料と作り方

「スパイス白湯」の材料と作り方

<材料(1人分)>
・白湯 150ml
・クミンパウダー、コリアンダーパウダー、ジンジャーパウダー 各小さじ1/4
<作り方>
① 耐熱カップにクミンパウダー、コリアンダーパウダー、ジンジャーパウダーを各小さじ1/4ほど入れる。
② ①に熱湯150mlを注ぎよく混ぜる。
・「スパイス白湯」の効果
「スパイス白湯」に加えるスパイスはコリアンダーやクミン、ジンジャーがおすすめです。これらのスパイスは血行を促し内臓を温めることで、冷え改善や代謝アップ、お通じを解消し、胃腸を整える作用もあるといわれます。また美肌やデトックス効果も期待できるそうです。個人的には、身体がじんわりと温まり、体の内側からポカポカになるのを感じています。

・各スパイスの効果
●クミン・・・カレーのような香りのスパイス。消化促進や体脂肪減少が期待できます。
●コリアンダー・・・生葉は香菜(シャンツァイ)、パクチーと呼ばれます。毒素排出や胃腸の保護、美肌や貧血予防に役立ちます。
●ジンジャー・・・ピリッと辛い刺激のあるスパイス。血流を促進し身体を温めるほか、殺菌作用や免疫力を高める効果があるといわれます。

 

毎日でも飽きない「スパイス白湯」のアレンジ例

毎日でも飽きない「スパイス白湯」のアレンジ例

その他、スパイス白湯は、症状に合わせて、いろいろな組み合わせを楽しむことができます。特におすすめは、レモンとしょうがを合わせた「スパイス白湯」です。レモンやしょうがなどのスパイスは、デトックス効果に加え、アロマ効果が期待できます。心地よい香りを嗅ぐことでリラックス効果が高まるほか、脳の満腹中枢が刺激されて、満腹感を得やすくなるといわれます。
レモンは新鮮なうちに輪切りにして種をとり冷凍しておけば、いつでも作れて便利です。

・アレンジ例
●疲労回復→レモン+梅
●冷え改善→シナモン+クローブ+カルモダン+ジンジャー

フードエッセイスト/藤井 香江

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
AUTHORs JAPAN BEAUTYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。