ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

シリコンバレーから飛び出した話題の画像アプリ!「ポラロイド・スイング」がいよいよ日本上陸

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
swing_1一世を風靡したポラロイドブランドと、Twitterの共同創業者ビズ・ストーン氏が会長を務めるシリコンバレーの技術系新興企業との協力によって誕生した注目の画像アプリ、「ポラロイド・スイング」が、とうとう日本に上陸。アジア初の公開となった。

・1秒の動きを正確に捉える

「1秒を切り取る」をコンセプトに、高品質でスムーズなインタラクティブフォトを実現したこのアプリ。その技術は写真の概念を変えるほど、画期的だと言われている。

swing_21秒間の動きは撮影後、画像にタッチするかスマートフォンを傾ければ、再生される。スチール写真の構成力と、常に動いている世界の生命感を併せ持った画像ができあがるのだ。

日本版では公開に合わせて、ユーザー向けに特別に設計した新機能も追加されている。最新のカメラ技術に、改良型のフレームブレンディングアルゴリズムを搭載。海外版を凌ぐ品質と滑らかさを体験できる。テキストと絵文字で、アプリに「レスする」ことも可能だ。

・Apple社やヒラリー・クリントン氏もごひいき

swing_3本国アメリカではすでに、本アプリのパグリックベータ版が、大成功を収めている。

Apple社では、新しいiPhoneのデモンストレーションのため、リリースに先駆け、日本を含む世界中の実店舗でポラロイド・スイングを公開。米国のApp Storeホームページと、新しいiMessage App Storeで、「ポラロイド・スイング」をメインページでフィーチャするアプリに選択した。あのヒラリー・クリントン氏も先の大統領選で、ミレニアル世代の有権者とつながるために、「ポラロイド・スイング」のアカウントを開設しているという。

さまざまな話題を引っ下げ、ローンチした「ポラロイド・スイング」。写真にうるさい日本のユーザーの心を、動かすことができるのか?要注目である。

ポラロイド・スイング

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。