体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

2017年はこれが流行る!?今、学び界で注目の「子けいこパパ」とは?

f:id:keimanahensyu:20161207215008j:plain

株式会社リクルートホールディングスは、2016年12月13日、各事業領域における2017年のトレンド予測と、そのトレンドを表すキーワードを発表しました。

旅行、住宅…と領域ごとにわかれている中で、ケイマナニュース!の専門ジャンルである「社会人学習領域」のトレンドキーワードは・・・・「子けいこパパ」!。

いったい、「子けいこパパ」とはどんな存在なのか?なぜいま、トレンドなのか。

今回は日本の学び界をけん引していると自負する「ケイマナニュース!」編集部でもレポートしちゃいます。

「育児の時間」を「自分が楽しむ時間」に!

子育て参加をきっかけに、パパたちが学びはじめた。

「イクメン」という言葉もすっかり浸透した昨今。「イマドキ、男も育児に参加しなきゃだよね~」と、家に帰ったらお風呂に入れたりおむつをかえたり、大忙しのパパもたくさんいらっしゃることと思います。なかでもパパが大切な役割を担っているのが、「勉強を教える」「習い事への送り迎え」という子どもの学びにかかわること。

ピアノ教室で子どもの練習に立ち会っているうちに、おもしろそうだから俺も一緒にやってみようと思って」、「子どもがこんなに頑張っているんだから、俺も何か頑張ってみよう」。そんな風に、子育てをきっかけに学び意欲がムクムクと掻き立てられ、実際に習い事を始めちゃったパパたちが出現しているのです。

そう、そんなパパたちこそ、「子けいこパパ」!

この秋実施された<パパの学び実施率にまつわる調査>*1によれば、既にパパの約3割が子どもをきっかけにした学びを実施したと回答。2017年もその勢いは止まらないハズ!?

f:id:keimanahensyu:20161207211838p:plain

「子どもとの絆が深まった」「ストレス解消」など、

メリットが続々!子けいこパパたちはきっとリア充!

子けいこパパになると、三つの側面でメリットがあることがわかりました。

まず一つ目は子育て面。習い事を通して親子間のコミュニケーションが増えたり、子どもの質問に自信を持って答えられるようになった、などの声が上がっています。

そして二つ目は仕事面。習い事をして自分をスキルを高めることが、仕事に繋がったという人も。

最後はプライベート面。習い事を通して自分の時間を持つことで日頃のストレスが解消されたり、新たな人脈が広がったという声が聞かれました。

下記のグラフをご覧ください!仕事の満足度と夫婦仲についてアンケート*2をとったところ、子けいこパパは学んでいないパパ よりも仕事の満足度が高く、夫婦仲も良いという結果に!

子けいこパパになれば、あなたもいろんな面で棚ボタできちゃうかもしれません。

f:id:keimanahensyu:20161209120351p:plain

「子けいこパパ」になったきっかけは?

イキイキ先輩パパの実例インタビュー紹介。

なんだか子けいこパパってすごいかも、と思ったあなた!それでは、実際に「子けいこパパ」になった方の「子けいこパパ」になったきっかけや具体的なメリットなど、生の声をご紹介。

実例①「発表会で親子連弾を見てやりたくなった」(習ったこと:ピアノ)

1 2次のページ
ケイマナニュース!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会