体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

小島慶子さんに聞いた オーストラリアと日本の二拠点生活[後編]

小島慶子さんに聞いた オーストラリアと日本の二拠点生活[後編]

オーストラリアの都市パースを家族の生活の拠点に選び、仕事がある東京と3週間ごとに往復するという”二拠点生活“を送る小島さん。最終回である【後編】では、お子さんの教育のためにオーストラリアを選んだ理由や、今後の”拠点“についての展望を語ってもらった。(これまでの記事はこちら/前編・中編)

オーストラリアの教育は、子どもたちにピッタリだった

――オーストラリアにはいつまで住む予定ですか?

とりあえず次男が高校を出るまで居ようと思っています。大学に進学すれば一人暮らしできるでしょうから、私たち夫婦はそのときにまた考えようと。今、小学5年生の次男が大学に入るまでだから、あと7年はオーストラリアですね。それまでの間にどこかに移ることは考えていません。オーストラリアの教育が、息子たちにとても合っているからです。今、通っている学校は二人とも公立なんですが、日本にいたときよりも熱心に勉強するようになりました。成績を見て、「君ら意外と勉強できたんだな」って驚いているほど。オーストラリアには、世界の大学ランキングにランクインするような大学がいくつもあり、パースにもノーベル賞受賞者を輩出した国立大学があります。今、中学2年生の長男は、そうした大学をいくつか調べて「行きたいところがある」と言い始めました。今のところは、日本の大学に行くことは考えていないようです。

――そもそもオーストラリアを選んだ一番大きな理由が、お子さんの教育でしたね

夫が仕事を辞めて、予期せず “大黒柱”になっちゃった以上、どうせお金を稼ぐんだったら、いい使い方をしたいじゃないですか。そこで試算してみたんです。東京23区内に住んで、のびのびしたタイプの息子たちの個性を伸ばしてくれるような私立の学校に入れた場合にかかる費用を。そうすると、まあこの時代ですから、夏冬の語学研修プログラム、プライベートの英語のレッスン代、部活の費用とかもかかる。それから、「やっぱり大学受験したい」ってなったときの予備校の費用とか、「やっぱり僕、留学しようかな」ってなったときの留学代。そういったもろもろの教育費に加えて、「もうちょっと広いところに引越そう」となったときの家賃の増額分…。それらを概算で出してみたら、「こ、こんなに稼がねばならないのか!」と衝撃を受けて。「こんなに稼がなきゃならないんだったら、もう少しいい使い方あるんじゃないの?」と、東京以外で教育する選択肢を考え始めました。

――で、オーストラリアになったと

最初は、地方のインターナショナルスクールに入れることなども考えたんですけど、いろいろ突き詰めていくうちに、次第に「英語教育」の部分がクローズアップされてきたんです。日本国内で働くにしても国外で働くにしても、これからは英語ができないといけない。そうすると英語にはどっちみち投資しないといけないことになる。「だったら、周りの人が英語をしゃべってるところに住んだ方が早いんじゃないの?」となって。そこで「じゃあ、私の生まれたオーストラリアなんかいいんじゃ?」というのが急浮上して。留学のサイトで見てみると、我が家の教育方針や子どものタイプに合っているのはオーストラリアかカナダだったので、その2つに絞りました。

“学歴”や“就職”を手放す決心がついた

――どういうところが、小島家の教育方針とお子さんのタイプに合っていたんですか?

まず第一に、小中高とのんびり育って、大学では一生懸命勉強するというスタイルであること。次に、社会の中に、ブルーカラーとホワイトカラーのそれぞれに“場所”があって、同じようにリスペクトされていて、同じように生計を立てることができること。しかも、キャリアパスがひとつだけではなくて、転職を繰り返したり、大人になってから大学であらためて勉強し直して違う職に就いたりしている人もいたりと、多様性があること。加えて人種や家族の在り方も多様だったりと、多様性に寛容な社会である点が良いと思いました。オーストラリアとカナダがそうでした。ただ、カナダに親子留学していた友人に聞いたら、「冬は氷点下20度になる」と。「私、そんな寒いとこ住めません!」ということで、やっぱり自分が生まれたオーストラリアのパースに行くのが自然だねとなりまして。調べてみたところ、パースでの生活は、贅沢さえしなければ、1年間東京で暮らすのにかかるだろうと思っていた金額でなんとか成り立つことが分かりました。それで、「いっちょ行ってみるか」となり、引越しが決まりました。

1 2 3次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会