ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Google Home、現時点では日本語に非対応

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

米国で発売されている Google の音声アシスタントデバイス「Google Home」をようやく入手したので、早速日本語で利用できるか試してみました。結果から申し上げますと、やはり日本語では利用することができませんでした。Google Home は Chromecast などと同じく、まず Google Home アプリ(旧 Chromecast)からをインストールしている Android から Google Home に接続し、最初にセットアップを行います。しかしこの時点で言語設定が英語(米国)以外になっている場合は、言語設定を英語に変更するよう指示するアラートが表示され、言語設定を変更しない限り先に進むことができません。つまり日本語の状態ではセットアップすらできないわけで、セットアップを行うためには言語を英語に切り替える必要があります。Google Home のセットアップが完了すると「OK Google」からボイスコントロールを行うことができるようになりますが、もちろん英語でないとボイスコントロールを認識してくれません。とはいえ日本人英語でもそれなりに聞き取ってくれる印象でした。ただしセットアップを行った後は Android の言語設置を日本語に変更しても、そのまま Google Home は英語によるボイスコントロールで利用可能です。現在「Google アシスタント」は Allo のチャットでのみしか日本語をサポートしていません。今後 Google アシスタントが Google Home や Pixel の日本語に対応するのかは今のところ不明です。

■関連記事
Galaxy S8が噂通りの内容で発売された場合、価格はGalaxy S7よりも15~20%高くなるとの試算
Googleの「Trusted Contacts」が「あんしん連絡先」に改名、日本語化も進む
Android版「駅すぱあと」がv3.4.0にアップデート、切り替え不要で全国路線図を閲覧可能に

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。