ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

寒い日もこれでぬくぬく!高品質なスマートベッドマット「Eight」に首ったけ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

eight_1連日最低気温を更新し、真冬らしくなっていく今日この頃。寒さでなかなか眠れないという人もいるのでは?冬場は体が冷えているせいか、寝付きが悪くなりがち。不眠症にならないためにも、寝具周りを快適に保つ工夫が必要だ。

そこでおススメしたいのが、アメリカ生まれのベッドマット「Eight」。就寝時の姿勢を徹底的に研究し尽くした設計に、ITテクノロジーをプラス。心地よい眠りを引き出す、最新鋭のスマートマットレスだ。

・寝具メーカー顔負けの快適性

eight_2「Eight」で着目したいのは、何と言ってもマットレスそのものの構造。通気性に優れながら、ちょうどいい硬さと耐久性のある基盤。体に負担のかかりにくい体圧分散型、ラテックスのような高反発性。寝具メーカー顔負けの設計が、全体に施されている。

ここに加わるのが、最新のデジタルテクノロジーだ。ベッドと床を最適な温度に暖める温暖化機能、毎朝決まった時間に起こしてくれるスマートアラームなど、快眠をサポートする強力な機能を多数搭載。いずれも、スマホで手軽に管理できるようになっている。

もちろん、睡眠の質を追跡するトラッキング機能もあり。他の健康アプリと連携しながら、睡眠データを取得することも可能だ。

・ホリディキャンペーン期間は15%オフ

eight_3サイズは、フルからカリフォルニアキングまで4種類。米国のベッドサイズに合わせて、展開している。

価格はフルサイズで、950ドル(約11万円)、特大のカリフォルニアキングが1150ドル(約13万5000円)。現在、ホリディキャンペーン中のため、全品15%オフで購入可。オーダーは、直接ホームページから。

Eight

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。