ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

チームでの作業に役立つ!海外の代表的なコラボレーションツール5選

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

本稿は、Designmodeのブログ記事を了解を得て日本語翻訳し掲載した記事になります。

また、本記事は、 Adrian氏によって投稿されました。

 

スキルレベルがバラバラなメンバーが共同作業をこなすのは、時に大変なことがあります。

しかし、そうした時こそ、チームリーダーの腕の振るいどころです。チームリーダーの第一の仕事は、メンバーを一つの場所にまとめて、共同作業をスムーズに進めることにあります。

とはいえ、「ツールがあればすべてOK」、というわけでもありません。 チームをゴールまで導くには、あまり気づかれていない次のような指針に従うとよいでしょう。
メンバーの役割をはっきりさせる。これは最初に、そしてなるべく頻繁に実行すべきです。 役割がはっきりしないと、複数の人の業務が重複したり、抜け漏れや混乱が生じやすくなります。
個々人の責任範囲は、明確にしておくべきです。 グループ全体にざっくり仕事をふってしまうと、よい成果は得られません。
決定権者が誰なのかも、はっきりさせるべきです。 複数の決定権者がいる場合は、どのようにして意思決定するかも決めておく必要があります。
チーム、あるいはプロジェクトのゴールも、一旦決めたあと、常に見直しをすべきです。
進行管理やコラボレーションを容易にするには、やりたいことに適したツールを使い分けるべきです。 適切なツールが用意されれば、そのツールは自然と活用されるはずです。

以下にメンバーが互いに自然と協力しえあるような、おすすめのツールをまとめてみました。

こうしたツールを使えば、共同作業はきっと上手くいくはずです。

 

Wake

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-19-15-18-11

作業結果をシェアしてフィードバックをもらう。これをとても簡単にするのがWakeです。 スクリーンショット、スケッチなどをデザイナーがアップできます。このとき、Sketch、Photoshop、Illustratorからファイルを吐き出したりする必要はありません。

この機能により、デザインのプロセスの見通しがよくなります。作業過程が全員から見えるからです。 シェアする情報はデザイナーが決めることができるので、作業が途切れることもありません。

 

ユーザー同士のやり取りはhttps化されていますので、Wakeはチームワーク間でプライベートにデザインについて議論したいときにぴったりです。 WakeにはMac用/iPhone用アプリも用意されています。 iPhoneアプリがあればチームメンバーどうしで直接やりとりしたり、プロジェクトの進捗を常時フォローできます。

Wakeのスタートプランは月額22ドル。30日間の無料トライアルができます。 すべてのオプション込みで契約したいヘビーユーザーはプロ・カスタムプランを選ぶとよいでしょう。

 

InVision

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-19-15-18-34

InVisionの使い方

プロダクトデザイン、進行管理、共同作業を一つのプラットフォームで済ませたいWebデザイナーやWebチームは、InVisionを検討してください。

InVisionのデザイン主導のプロジェクトマネージメント機能は、Webやモバイル製品のプロトタイプ、レビュー、シェア、ユーザーテストなどを可能にします。

 

複数のプロジェクトの状態や修正依頼などが、簡単に確認できます。 特定のプロジェクトを選んで確認することもできます。 必要であれば、個々のチームメンバーの進捗状況も追うことができます。

InVisionの200万のユーザーの中には、あのAppleなど、大企業も含まれています。 Sony、Adobe、Nike、GMもその一部です。

InVisionを無料試用するには、サインアップするだけで済むので、サインアップしたらプロトタイプを作り、好きなだけ作業してみましょう。

 

Active Collab

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-19-15-18-53

もしあなたのチームがまだ電子メールでコミュニケーションをとったり、あるいはタスクマネジメント、時間管理、帳票作成に別々のツールを使っていたら、Active Collabを試してみましょう。

このソフトはパワフルでシンプルなマネジメントツールで、こうした作業を一つのプラットフォーム上でこなすことができます。

 

今日のほとんどのWebアプリと同様、Active Collabはクラウド上で動作します。 そのため、ユーザー側のセットアップ作業は必要ありません。 自社サーバーで動かしたい場合は、買い切りで利用料を支払います。

アクティブユーザー数は20万を超えています。 Active Collabのユーザーフリーランサーからデザイン会社までさまざまで、Apple、Intel、Adobeのような大会社も使っています。 30日間無料試用ができるので、その間にすべて機能や価格をチェックしてみてください。

 

Paymo

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-19-15-19-38

小規模から中規模の企業で働くチームで、プロジェクトの着手から完成までを管理するツールをお探しの方には、Paymoが最適です。

プロジェクトマネージメント機能には、タスクマネージメント、看板ボード、ガントチャート、マイルストーン追跡、プロジェクトのひな形などが含まれています。

 

iOS/Android用アプリも用意されていて、リアルタイムのコラボレーションや、ファイル共有もできます。

SSL暗号化によりチームメンバーや取引先間のコミュニケーションを安全に行えます。15日間の無制限無料トライアルで、このアプリが適切な選択かどうかを見極めましょう。

 

Pinnery

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-19-15-20-46

Pinneryはホワイトボードにピンを打つような感覚で使える簡単ツールです。 もちろん、ホワイトボードにはできない機能もたくさん持ってはいますが、誰でも簡単に情報をシェアできるのが強みです。

Pinneryでは、今どんなタスクが定義されているのか、あとどのくらいタスクが残っているのかを管理できます。 Pinneryを使えば全員に情報を行き渡らせたり、経過時間を計測したり、プロジェクトの状態や進捗を管理したりできます。

Pinneryの美点はシンプルさにあります。その簡単さが、チームのコラボレーションを盛り上げるでしょう。

 

まとめ

専用のタスクマネージメントツールを探している方も、チームコレボレーションツールをほしいあなたも、デザインプロジェクトを一つのプラットフォームでこなしたい人も、この中のどれかに理想の解を見つけられるでしょう。

ここに挙げたアプリのほとんどはWebアプリとして動作します。

Active Collabにはプライベートサーバのオプションが用意されています。 一部のアプリは、モバイルアプリを用意しており、外出中にステータスのチェックやコミュニケーションが行えます。

 

TechAcademyでは初心者でも最短4週間でエンジニア・デザイナーになれるオンラインブートキャンプを開催しています。

現役のエンジニアやデザイナーがパーソナルメンターとして受講生に1人ずつ付き、マンツーマンのメンタリングで学習をサポートし、最短4週間で技術をマスターすることが可能です。

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
TechAcademyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。