体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

170人のクリエイターと有田の窯元がつくる、熊本天草陶石の磁器展「藍色カップ」

f:id:ponparemall:20161219112626j:plain

東京銀座のギャラリー「クリエイションギャラリーG8」と「ガーディアン・ガーデン」では、1990年より毎年、今をときめくクリエイターとタッグを組んで作品の制作~展示~販売をし、収益金をチャリティーとして寄付する「CREATION Project」を企画しています。今年は12月24日(土)まで「熊本天草陶石の磁器展 藍色カップ」が開催されていると聞き、見学を兼ねてギャラリー担当の小森さんにその物語を伺ってきました。ちなみにこの藍色カップ、2017年2月末まで全種類がポンパレモールで購入できるので(売り切れ御免! 12月26日(月)以降は在庫販売)、興味を持った方はぜひ!

真っ白な磁器に藍色が映えるカップで、熊本の未来を応援

「2016年4月に発生した熊本地震被災地の1日も早い復興を願い、何かできることはないか…と話し合いがスタート。余震も多かったため、熊本にある資源を活かして何かできないかと考えました。そこで注目したのが、天草地方で採掘され、陶磁器の原料となる天草陶石。その歴史は長く、17 世紀頃から、純度が高く濁りがないことを特徴とする高品質な陶石として広く使用されてきました。それを佐賀県有田と長崎県波佐見の窯元と協働して製作する藍色カップにしようと決まりました」(ギャラリー担当:小森福見さん・以下同)。

f:id:ponparemall:20161219113345j:plainその昔、熊本の天草陶石は、有明海を経由して佐賀県塩田町に船で運ばれた

169人のクリエイターが発信する多彩なデザイン

そしてカップのデザインをボランティアで手掛けたのは、第一線で活躍するクリエイターから、新進気鋭のアーティストまで総勢169人! 私もギャラリーで30分以上どれを購入しようかと迷っていました(結局まだ決断できず…)。その中から注目をいくつかご紹介します。

葛西薫作品

f:id:ponparemall:20161219135134j:plain

「サン・アド」アートディレクター葛西さん。「どうぞお好きなドリンクを、お好きなミュージックとともに」というメッセージが込められています。

色部義昭作品

f:id:ponparemall:20161219135133j:plain

アルファベットの“O”を色々なサンセリフ書体に変換して並べた作品。

高井薫作品f:id:ponparemall:20161219112630j:plain
1 2 3 4次のページ
ポンパレモール、やってます。の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会