ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

WEAVER初の対バンツアーでSPメドレー披露、来春に新作リリース&ツアー開催を発表

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
WEAVER初の対バンツアーでSPメドレー披露、来春に新作リリース&ツアー開催を発表

WEAVERの自身初となる対バンツアー「Music Holiday vol.1 〜対バン始めました〜」東京公演が、12月18日に恵比寿The Garden Hallにて開催された。

今回のイベントは、WEAVERのメンバー自ら共演したいアーティストに声をかけて実現したもの。東京公演ではandrop、雨のパレードがゲストバンドとして出演した。

そして、イベントのトリを飾ったのはイベントの主催者であるWEAVER。SEに乗せて、ステージにメンバーが登場すると、それぞれが、光るスティックを操り演奏をスタート。

その幻想的な雰囲気のまま「ティンカーベル(ver. EDM)」が披露されると、杉本が「お待たせしましたWEAVERです!東京いくよ!」と叫び、会場の熱気は最高潮に。そのまま、「さよならと言わないで」「くちづけDiamond」と、キラーチューンを連発した。

MCではVo・pf.杉本が、「すごい景色です!この場所でみんなで一つになって幸せを感じられる、そんな場所になりました!」と感謝を伝えると、Dr.河邉は「普段あまりしない対バンライブだからすごく刺激的です。みんなにとって、今日が今年1番楽しかった日にしていきます!」とコメント。Ba.奥野は「2バンドともずっと一緒にやりたかったバンド。この会場をみんなで一つにしていきたい!」とそれぞれの思いを語った。

そして、10月にリリースしたシングルから、「S.O.S.」を披露すると、エレクトロなダンスミュージックで、会場をダンスホールに一変させた。その後も、杉本がギターを手に取り「管制塔」がスタート。思わぬサプライズに会場のテンションは最高潮に。

「Free will」では、イントロのコール&レスポンス。間奏でメンバー全員が、スティックを手に取り、パッドを叩くなど、独自の進化を続けるWEAVERが、さらにパワーアップした演奏の幅の広さをここでも見せつけた。

「Boys & Girls」で本編を締めくくると、アンコールを待つファンの歓声と手拍子が鳴り止まないステージに再びWEAVERが登場。杉本が「今日は発表があります!来年春、新曲をリリースします!そしてその新曲をひっさげてライブハウスツアーを行います!」とサプライズ発表を行った。

最後には「雨のパレード / Tokyo」〜「androp / Yeah! Yeah! Yeah!」〜「Shine」と、今日の出演者の楽曲のカバーを含めたスペシャルメドレーを披露。WEAVERなりのリスペクトを歌に込めライブを締めくくった。

Photo by 岸田哲平

<セットリスト>
1.ティンカーベル(ver. EDM)
2.さよならと言わないで
3.くちづけDiamond
4.S.O.S.
5.管制塔(Gt.ver)
6.Free will
7.Boys & Girls
Encore
En-1Music Holiday Special Medley
雨のパレード / Tokyo(カバー)〜androp / Yeah! Yeah! Yeah! (カバー)〜Shine

関連リンク

■WEAVER オフィシャルサイト:http://www.weavermusic.jp/
■WEAVER オフィシャルTwitter:https://twitter.com/WEAVER_STAFF
WEAVER オフィシャルFACEBOOKhttps://www.facebook.com/weavermusic
■WEAVER オフィシャルInstagramhttp://instagram.com/sugi_weaver
■アスマートWEAVERページhttp://www.asmart.jp/weaver
■WEAVER OFFICIAL LIVE MEMBER’S CLUB SITEhttps://wow.weavermusic.jp/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。