ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【クリスマスまであと6日】そういえば「彼氏募集」ってどうなったの?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

こんにちは、TABIPPO.NETコンテンツディレクターの阿部サキソフォンです。最近はクリスマスまでの残り日数を指折り数える毎日です。

実は私は10月に、こんな記事を書いていました。

kareshi

そうです、その名の通り

 

彼氏募集をしたわけです。

 

どうやら結構なインパクトがあったようで、イベントなどで初めてお会いするからに「彼氏募集してた方ですよね?」「彼氏見つかりました⁉︎」なんて声をかけられることもしばしば。

最初にこの企画を薦めてきた編集長にも「続編まだ?」と詰められたので、そろそろやばいな……と思い、クリスマス直前のこの時期に記事を書き始めました。あの記事のあと、どうなっていたのかお話します(これ気になる人いるのか?)。

 

非公開のFacebookのページに◯◯◯人?

fb

私はまず、興味を持ってくださった方に「Facebookページ」への参加を誘導しました。一応「恋人」を探すというプライベートなことなので、非公開のページを作成してそこにリクエストしていただく形にしました。

そもそもこの企画をするときに「どうしよう、記事のPVが300くらいだったら……」「応募0人だったら笑えない」と、かなり不安でした。

いざ、意を決して記事の「公開」のボタンをぽちっ。

 

すると、あれ……。

Slack for iOS Upload-16

まさかのスマートニュースに掲載。しかも一番いい場所に。

Slack for iOS Upload-17

TABIPPO.NETのランキングでも1位に。(ちゃっかり3位と5位にも入ってますね。ドヤア)

Slack_for_iOS_Upload-18

あれ、うちの社長もリクエストしてきた。

 

そして、なんと

alksff

「130人」ってまじかよおおおおおおおおおおおおおおおおお

 

世の中の皆さん、どんだけ飢えてるんだ!いや、メディアで彼氏募集している私も人のことは言えませんが、この数字は完全に予想外でした。

編集長のひょんな一言から始まったこの企画は、まさかの参加者「130人」となったわけです。

 

参加者の方と話してみたいなあ……

14991044_1139707522809715_5827591190244410209_o

せっかくこんなにたくさんの人が参加してくれたのだから、ぜひお話してみたい。そう思って、参加者の方に呼びかけて「阿部サキソフォンの彼氏に立候補します」という応募フォームを作成しました。(我ながらうざいフォーム名ですね)

私がオフィスにいる時間と合う方がいたら、ぜひオフィスでお会いしよう。時間が合わなくても、興味深い方がいたら自分から連絡しようと決めました。

 

そして、このフォームを書いてくださった方が「20人」でした!参加者数130人から考えると随分と減ったしまった気もしますが、私が当初予想してたのは「3人」。かなり予想を超えてきています。(というか、よく分からない女の子の彼氏募集に20人ってすごい)

 

皆さん、丁寧に回答してくださってる(涙)

フォームに書いてくださった回答を、少しご紹介します(もちろん匿名です)

あなたは犬派?猫派?

lkjn

(ちなみに私は猫派です)

 

旅の予定はどうやって決める?

kjhg

TABIPPO.NETでお気に入りの記事を教えてください。

gana

フワフワした記事や正確でない記事が多い中で、しっかりと現地に入り込んで、厳しい側面を書いているから。旅の仕方にも通ずるものがあると感じた。

gay

LGBTQやダイバーシティを考えるきっかけの記事だと感じたから。日本はLGBTQに大きな壁があり、言葉にできない人が多くいる(友達でもいる)。海外に行くことで多様性や世界観を知ることで自分を見つめなおせると思う。

toti

全体的にカワイイ記事だからです。特に「意外と旅の途中であなたを思い出します」がめっちゃカワイイ!

 

私の記事を選んでくださったのは、参加者さんの優しさなんでしょうか。いや、素直に褒められたと思って受け取っておきます。

 

実際にお一人にお会いしてみました

s_bosyu

(仮面は一応のプライバシーのためです、一応)

11月下旬、応募してくださった方の一人、Hさんに実際にお会いしてみました!どうしてこの企画に参加してくださったのか、今度TABIPPO.NETで読みたい記事のテーマなどをおしゃべり。

「旅好き女子のイメージ(男子目線)」というのは面白かったです!そのネタ案、私がいただきました。

 

そして「最高のクリスマスプラン」を伺いました。Hさんの地元は北海道だそうで、「まず北海道へ行きます!」と一言。いきなり地元!レベル高いっす!

s_IMG_9896

「夜になったらイルミネーションの街を通り抜けて、藻岩山という市内の山に向かいます。ロープウェイで山に登った後の、新雪を踏みしめる感覚がたまらなく気持ちいいです。山頂は大抵、震えるほど寒いですが、そんなことが気にならないくらい綺麗な夜景が見えます。この季節の札幌の夜景は、冷えた空気と雪のお陰で本当に最高です。強烈な寒さとあいまって、一生忘れない思い出になること間違い無しです」とのこと。

 

すごい、私にはもったいないくらい素敵なプラン……。どこの馬の骨かも分からない小娘に、こんなロマンチックなクリスマスを提案していいんでしょうか。

 

ただ、あの、すみません。

 

 

私、次の日(26日)は朝7時から仕事なんです。

 

するとHさんは「じゃあ、日帰りで北海道ですね!」ってとびきりの笑顔。くそう、ずきゅーんってしたわ。

 

果たしてクリぼっちを回避できるのか…?

さて、この記事を執筆している今日は19日。いや、まだ間に合うでしょ!まだ6日もあるよ!まだまだガッツリ25日の予定を空けている私。

 

26日公開の記事、乞うご期待。

関連記事リンク(外部サイト)

旅好き女子のトリセツ(※返品交換は受け付けません)
あなたの恋が成就する。神秘的な世界の恋愛スポット10選
女同士の旅行を素敵な思い出にする6つの約束
カワイイ・キレイ・ラクの3拍子!旅人美容師おすすめの旅に最適な旅ヘアー7選〜女性編〜

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。