ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

そばと具材を一緒に巻いた「そば寿司」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

12月16日放送の「歴史の道歩き旅」(テレビ東京系、午前07時30分~)では、赤穂浪士の足跡を辿りながら、意外と知らない東京の魅力を再発見する旅の中で、藤吉久美子さんが「更科布屋・本店」(東京都港区)を訪れた。同店は、都営大江戸線大門駅から徒歩1分ほどにある寛政3年(1791年)創業の蕎麦店だ。

番組では、お店のメニューとして「そば寿司」を紹介。特製のお酢などで漬け込んだそばを、玉子焼きやしば漬けなどの具材と一緒に巻いたお寿司だ。

藤吉久美子さんは早速頂くと、「ちゃんとお寿司です!しっかりお寿司!不思議!お蕎麦なのに!お蕎麦と言うよりも、巻き寿司いただいている感じ。食感がお米とは違う感じはありますけども、お米のお寿司よりも軽くいただけるというか。」と驚いていた。続いて、しば漬けが入ったそば寿司を食べると「あ、美味しい!良いしば漬けですね~何の違和感もないです。さっぱりしてます。」とコメント。最後に、そばのいなり寿司を食べると「うん!揚げが美味しい~しっかりして!これはありです、とってもありです!ちょっと、おいなり好きのお友達に教えてあげたい。」と絶賛していた。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:江戸蕎麦 芝大門 更科布屋(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:浜松町・大門のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:居酒屋のお店紹介
ぐるなび検索:浜松町・大門×居酒屋のお店一覧
真っ黒なスープが目を惹く「中華そば」
フワフワ過ぎる!山芋を使用したお好み焼き「どれ味天」

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。