ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

まるでドラえもんの秘密道具!パナソニックのメガホン型多言語音声翻訳機「メガホンヤク」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

メガホンヤク訪日外国人の数は、2016年1月~10月までの累計が2000万人を超えるようになり、今後2020年の夏季オリンピックに向けて、さらなる増加が見込まれる。

・メガホン型の多言語音声翻訳サービス

そんな中、言語の壁は大きなネックとなるが、パナソニックのメガホン型ツール「メガホンヤク」のようなサービスが、今後大いに役立ってくれそうだ。

これはメガホン型の多言語音声翻訳サービスで、日本語を英語、中国語、韓国語に翻訳して再生することができるという。

・トータルで約1800パターンの文章を作成可能

メガホンにはあらかじめ使用頻度の高い約300の定型文がプリセットされている。数字などのワード部分は変更が可能で、いくつかのパターンから選択できる“ワード選択機能”のおかげで、トータルで約1800パターンの文章を作成可能。正確でフレキシブルな翻訳が実現する。

・ユーザーニーズに応じて、文章の追加もできる

メガホンヤク2また、ユーザーのニーズに合わせ、さまざまな使用場所やシーンに対応できるよう、ユーザー専用の文章を追加することも可能だ。クラウドを通じて、定型文追加、ソフトフェアアップデートをおこなえる(ただし、別途費用がかかる)といい、ユーザーカスタマイズの幅があるのも心強い。

・簡単操作でわかりやすい

メガホンの使い方はシンプルで、伝えたい内容を日本語で音声入力すると、登録されている文章と音声照合→翻訳した後、日本語、英語、中国、韓国語で再生するという流れ。

緊急時に的確な案内ができるよう、メガホン本体のボタンを押して、拡声したい文章を音声入力すると、即座に音声照合・翻訳を実行。その後に拡声ボタンを押すだけで、日本語、英語、中国語、韓国語の順番で音声が出力される。

メガホン単体での販売はおこなわず、サービス全体の契約となる。サービスの開始は2016年12月20日の予定。空港や駅、イベント会場、観光地など、外国人が多く集まる場所での誘導や案内を圧倒的にスムーズ化してくれそうだ。

メガホンヤク

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。