ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

伝説のラリーカーと戦闘機。来年は“つくる”年にする?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

来年こそ、何か新しい趣味を持ちたい…そうお考えの人に、アシェット・コレクションズ・ジャパンから創刊される魅惑的なコレクション2種をご紹介。

まず来年1月5日(木)に販売スタートするのは、世界を制覇したワールドラリーカーの雄、スバル インプレッサ WRC2003を組み立てられる、週刊「スバル インプレッサをつくる」。

1992年にスポーツワゴン車として発売されたスバル インプレッサは翌年、世界ラリー選手権(WRC)に臨み、デビュー戦で2位入賞。1995年には世界の頂点に。以降3年連続でマニュファクチャラーズタイトルを、1995・2001・2003年にはドライバーズタイトルを獲得。

2008年には惜しまれながらWRCから撤退。今もなお、同一社名でワークス・フルエントリーした記録はWRC史上最長となっている。

今回発売となるシリーズでは、スバルチームがWRCドライバーズタイトルを最後に獲得した2003年モデル、モンテカルロ戦のターマック(舗装路)仕様のマシンを制作。

1/8スケール(全長55.1cm)の精密設計で、ワールドラリーカーの構造とディテールを、組み立てながら味わうことができるという。またヘッドライトやブレーキランプ、室内灯やナビライトの点・消灯、独立懸架のサスペンションやフロントウィンドウ上げ下げ、内蔵スピーカーからの迫力のエンジン音など、魅力のギミックも満載だ。


マガジンでは、スバル インプレッサとワールドラリーカーの魅力を徹底解説。別売りの特製バインダーにファイリングすれば、スバル インプレッサとワールドラリーカーの大百科が完成する仕組みとなっている。


そして1月11日(水)に創刊されるのは、東西冷戦時代の熱い物語をその躯体に秘めた「F-4EJ改をつくる!」。

F-4ファントムⅡ戦闘機は、米国マクダネル・ダグラス社(当時)が、アメリカ海軍の艦上戦闘機として開発したもの。1958年に初飛行し、米ソ冷戦真っ盛りのなかで実戦部隊に配備され、ベトナム戦争でその名を挙げている。

日本の航空自衛隊はF-4Eを日本向けに仕様変更したF-4EJを140機導入。1983年からは、対地攻撃能力の向上と対艦ミサイル攻撃も可能にした「F-4EJ改」へとアップグレードさせている。


本シリーズでは、世界各国軍で活躍するF-4シリーズのなかでも、最後の生産機となったF-4EJ改の440号機を製作。マーキングは、第302飛行隊の「2001年航空総隊戦技競技会」参加時の特別塗装となっている。

完成するのは、1/32スケール、(全長60cm)の迫力のダイキャストモデルで、金属パーツならではの重厚感と、コックピットや主翼だけでなく、サウンドやライトも再現したこだわりのギミックが魅力だ。

付属のマガジンでは、F-4EJ改の開発秘話やテクノロジー、知られざるエピソードを専門家が監修・執筆し、貴重な実機画像やイラストをふんだんに使い紹介。こちらもファン必見の充実した内容だ。

いずれのコレクションも現在、インターネットでの予約販売を受付中。創刊号は、なんと277円(税抜)だというから、試しに購入してみるのもよいだろう。※2号以降は、本体1666円(税抜)。

今申し込むと、スバル インプレッサの方は、もれなくWRC2003 ラリー・ニュージーランド仕様の1/43スケールモデルと特製プレートセット、特製ディスプレイボーのプレゼント付き。

F-4EJ改の方は、特別編集の「日本のファントムⅡ- F-4EJ改のすべて」DVDと特製ツールBOX、さらに今回のコレクションでしか手に入らない、本誌特製F-4EJ改のスペックが表記された金属製銘板のプレゼント付き。のっけからワクワク感が高まること間違いなしと言えそう!

どちらも新年の始まりにふさわしい、プレミアムなコレクション。興味のある人は、ぜひ一度公式サイトで詳しくチェックしてみてほしい。

アシェット・コレクションズ・ジャパン( http://www.hachette-collections.jp/ )

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。