ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

『関ジャム完全燃SHOW』クリスマス直前、back numberとラブソングにおける問題を検証&あの名曲をセッション

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
『関ジャム完全燃SHOW』クリスマス直前、back numberとラブソングにおける問題を検証&あの名曲をセッション

 関ジャニ∞によるテレビ朝日の音楽バラエティ番組『関ジャム完全燃SHOW』が12月18日に放送。back numberをゲストに迎えてトーク&セッションがおこなわれた。

 クリスマス直前の放送となったこの日は、前回ゲストの槇原敬之に「切ないラブソングは任せた!」とその実力に太鼓判を押されたback numberのメンバーと「ラブソングの諸問題」を検証。恋愛におけるもっともストレートな表現「愛してる」という言葉を決め台詞に使うか、という問題にはじまり、恋愛の起承転結どの場面を歌にするか、ラブソングにふさわしいサビは?など、さまざまな視点でディスカッションがおこなわれた。

 意外かもしれないが、back numberには「愛してる」を決め台詞として使った楽曲はなく、「好き」という言葉が使われているのも、たった4曲のみだという。こうした直接的な表現を使わず、ときに「情けない」や「女々しい」ともとられてしまう、飾らない言い回しと独特の情景描写で気持ちを表現しているところが彼らのスゴさである、とスタジオでは結論づけられた。ほかにも、曲の方向性を決定する冒頭1行目の歌詞にはおおいに悩むが、サビの歌詞にはあまり悩まないことなど、ラブソング制作におけるエピソードも明かされた。

 そして、この日のジャムセッションは昨年発表の大ヒット曲「クリスマスソング」。渋谷がボーカル&ギターではなくタンバリンを手に極上の冬のラブソングを清水とともにしっとりと歌い上げたほか、ギター&コーラスに錦戸、キーボードに村上が参加した。次週の『関ジャム完全燃SHOW』は12月25日放送、音楽プロデューサーの本間昭光と西寺郷太をゲストに迎えてのザ・ビートルズ特集が予定されている。

◎番組情報
テレビ朝日『関ジャム 完全燃SHOW』
毎週日曜23:15~※一部地域を除く
http://www.tv-asahi.co.jp/kanjam/

関連記事リンク(外部サイト)

【Chart insight of insight】新曲も旧曲もチャートイン!back numberが年末に向けて盛り上がる理由は?
back number×秦 基博×小林武史「reunion」ショートフィルムの予告編公開 新井浩文/柄本佑/市川実和子ら出演
back number、ベストアルバム『アンコール』初回限定盤映像の詳細が明らかに

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。