ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

CIVILIAN ワンマンライブにてアニメ『ALL OUT!!』の新OPテーマとなる「生者ノ行進」披露

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
CIVILIAN ワンマンライブにてアニメ『ALL OUT!!』の新OPテーマとなる「生者ノ行進」披露

 メジャー・デビューシングル『愛/憎』の発売を記念して行われたワンマンライブ【ai to zou】にて、CIVILIANが新曲を初披露した。

 アンコールで初披露された新曲「生者ノ行進」(セイジャノコウシン)は、人気ラグビー漫画を原作としたテレビアニメ『ALL OUT!!』の2017年1月~放送される第二クールOPテーマとなり、2017年3月にシングルとしてリリースされる事も併せて告知された。

 疾走感とスケール感のあるサウンドの中に、悲痛で不格好ながらも強い意志・覚悟を感じさせる楽曲は、『ALL OUT!!』のために書き下ろした新曲でありながら、コヤマヒデカズ(vo,g)曰く「現在までの自分と、バンドの歩んできた道のりの事を歌った」CIVILIANの強い決意と今の勢いを感じさせるモノとなっている。

 3ピースバンド・Lyu:Lyuとして、コヤマの別名義でありニコニコ動画上では伝説とも称される“ナノウ”としての活動を経て、2016年7月に改名し、11月にメジャー・デビューしたCIVILIAN。改名時にメンバーが語っていた「より自由度の高い表現」を象徴するかのような新曲を引っ提げ、2017年初頭にはLivemasters Inc.の設立5周年を記念したHello Sleepwalkers、Ivy to Fraudulent Gameとの3マン東名阪ツアー【Livemasters Inc. 5th Anniversary Tour “Dreieck”】にも参加する。

◎コヤマヒデカズ(vo,g)コメント
この度、『ALL OUT!!』の第2期オープニングテーマを担当させて頂くこととなりました。
ラグビーはチームで戦うスポーツで、誰かひとりでも欠けてしまったら試合に出ることすらできません。そして試合とはある意味残酷なもので、戦いが終わったら勝者と敗者を必ず決めなければなりません。作品の中で、神高のメンバー達が時に腐ったり時に仲違いをしながら、相手チームや自分自身に何度も何度も負けながら、それでも最後には団結して試合に勝とうとするその姿に、僕らがバンドとして歩いてきた歴史を重ね合わせて「生者ノ行進」という歌を作りました。
今まで、コヤマヒデカズ個人の心の内面を歌った歌は数多く書いてきましたが、ここまで真っ正面から「バンド」のことに向き合って歌を書いたのは初めてかも知れません。これは、生まれて初めて胸を張って言える「僕等の歌」です。今まで僕等をずっと見守ってくれた皆は、歌詞をよく見てみてください。ありのままの僕等がそこにいることが分かるはず。そして、初めて僕等を知る方々、アニメや原作のファンの方々にも楽しんで貰えるよう、作品のオープニングテーマとしてしっかりと機能する曲を頑張って作りました。リリースはまだ少し先だけれど、楽しみにしていて下さい。

◎リリース情報
シングル『生者ノ行進』(セイジャノコウシン)
2017/3/1 RELEASE
初回生産限定盤(CD+DVD):[SRCL-9332~3] 1,800円(tax in.)
通常盤:[SRCL-9334] 1,300円(tax in.)
期間生産限定盤:[SRCL-9357~8] 1,800円(tax in.)

◎ライブ情報
【Livemasters Inc. 5th Anniversary Tour“Dreieck”】
出演:Hello Sleepwalkers/Ivy to Fraudulent Game/CIVILIAN
2017年2月22日(水)愛知 名古屋 CLUB QUATTRO
2017年2月23日(木)大阪 梅田CLUB QUATTRO
2017年3月2日(木)東京 渋谷CLUB QUATTRO
チケット一般発売:2016年12月18日(日)10:00~

関連記事リンク(外部サイト)

CIVILIAN(ex.Lyu:Lyu)改名前の楽曲も披露予定『デビュー記念スペシャルライブ』AbemaTVで生中継
CIVILIAN(ex.Lyu:Lyu)ドラマ『黒い十人の女』主題歌「愛/憎」スリリングなMVフル公開
CIVILIAN(ex.Lyu:Lyu)初の単独ツアー東京公演で目撃! 他人の心にも共鳴し“生かす”彼らの音楽

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。