ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

ソニー【Hi-Res Fresh Live “Juicy”Vol.3】瀧川ありさ/anderlust/Leolaの3組が“ゾクゾクする”共演!ラストは「恋人はサンタクロース」をセッション

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ソニー【Hi-Res Fresh Live “Juicy”Vol.3】瀧川ありさ/anderlust/Leolaの3組が“ゾクゾクする”共演!ラストは「恋人はサンタクロース」をセッション

 2016年12月16日、音楽配信サイト<mora>のハイレゾ配信3周年を記念したイベント【mora presents Hi-Res Fresh Live “Juicy”Vol.3】が開催となり、今年10月より展開されているソニー<ハイレゾ級ワイヤレス>キャンペーンにてCMキャラクターを務める瀧川ありさ、anderlust、Leolaの3組が出演。最新のオーディオ商品を試聴できるスペースも設けられた会場には、抽選で招待された200名のオーディエンスが集まり、フレッシュな3組のアーティストによるライヴパフォーマンスが披露された。

 ハイレゾマンなる司会進行の紹介を受け、まず始めに登場したのはanderlust。アメリカ育ちの若きシンガーソングライター越野アンナと、様々なアーティストのライヴサポートやスタジオレコーディングのフィールドで活動してきたベーシスト西塚真吾による音楽ユニットで、今年の3月に映画『あやしい彼女』主題歌でデビューしたばかりだ。そして、越野の実父でありanderlustのプロデュースを手掛ける小林武史の存在も、このユニットを語るうえでは外せない要素だろう。

 その小林と共に制作されたデビューシングル「帰り道」でショーはスタート。爽やかでありつつもしっかりと耳に引っかかるヒネリも兼ね備えたメロディーとアレンジは、やはりJ-POPシーンで数々の名曲を手掛けてきた名プロデューサーである小林の影響が大きいのだろうが、それを空の彼方まで飛んで行ってしまいそうな推進力で歌い上げる越野の伸びやかなヴォーカルも素晴らしい。続いて披露された<ハイレゾ級ワイヤレス>タイアップソングの「ヒカリ」でも、その幾分かあどけなさの残るハスキーボイスを力強く響かせる。曲間のMCでは、「ヒカリ」について「明日をどういう風に生きていったらいいのか分からなくて真っ暗闇にいる誰かが、何か目的を得たり誰かに出会ったりすることで一筋の光がパーッと降りてくるようなイメージで書きました。」と越野は話す。また、天真爛漫な越野の無茶ぶりを冷静な西塚が広い器で受け止める、といった両者の微笑ましい関係性を垣間見ることができる場面も。ラストは最新シングル「Scrap & Build」を披露。グネグネとうねりながらも時折お茶目なフレーズも飛び出す西塚のベースを筆頭とした、ポップ&ロックなサウンドでステージを締めくくった。

 二番手に登場したのは、anderlustと同じく今年春デビューしたばかりのシンガーソングライターLeola。キーボード、アコギ、パーカッションの3名をサポートに従えてステージに上がると「みなさんこんばんは。Leolaです。世間はとても寒いですが心はゾクゾク、そしてホットにいきたいと思います。」と挨拶。「Summer time」を披露し、冒頭から抜群の歌唱力をアピールする。続いてパーカッシブなカッティングギターが印象的な「Rainbow」をプレイ。こちらはデビュー曲であり、彼女自身が出演するTVドラマ『ラヴソング』の劇中歌になっていたものだ。

 「I & I」はTVアニメ『舟を編む』EDテーマとして起用されており、<ハイレゾ級ワイヤレス>のCMソングでもあるダブルタイアップ曲。しとやかなキーボードと透明度の高い歌声、キラキラと美しいウィンドチャイムの音色が、まるで夕暮れ時の砂浜に打ち寄せるさざ波のようで、前半2曲の照り付ける太陽と青い空を思わせる趣とはまた違ったテクスチャーで“夏”を表現する。短いセットリストながら、彼女の卓越した表現力と歌唱力の魅力は十分に初見オーディエンスにも伝わったはず。全4曲を歌い終えた彼女は、最後に深々とお辞儀をしてステージを後にした。

 トリを飾ったのは、11月に1stアルバム『at film.』をリリースしたシンガーソングライター瀧川ありさ。普段はエレキギターをかき鳴らす印象の強い彼女だが、この日はLeolaに続きアコースティック編成でのショーだ。かつてユニコーンやゴスペラーズといったアーティストを発掘してきた敏腕プロデューサーが称賛するその歌声は、シンプルなアコースティックライヴでも全く聴き劣りしないどころか、むしろよりいっそう声の魅力性が強調されていたように感じる。ピアノの伴奏のみで届けられた「プラネタリウム」から、パーカッションと本人のアコギ演奏が加わった「さよならのゆくえ」へとほぼシームレスに転じていくが、会場の空気は瀧川の歌声の迫力にピンと張り詰めたような様子を見せる。その空気感をほぐすのも、彼女のオーディエンスを脱力させるフレンドリーなMCトークなわけなのだが、そういったギャップも彼女の魅力のひとつと言えよう。

 その後も続いていく楽曲はプリズマティックな心情風景をワンシーンごとにそのまま切り取ったようなものばかりだ。青春期の色褪せない輝きを連想させる「Summer of Love」ではハッピーな高揚感に包まれるし、同じく過去への憧憬が読み取れる「赤いスニーカー」ではある種それとは対照的な哀愁を誘う。MCでは、2017年2月22日にニューシングルのリリースも発表。松任谷由実「ノーサイド」のカヴァーで、TVアニメ「ALL OUT!!」の新EDテーマとなる。「知ってる方は知ってるかもしれないですけど、わたし本当にユーミンさんの音楽を聴いて生まれ育ってきたので。みなさん楽しみにしててください。」と喜びと共にメッセージを送った。<ハイレゾ級ワイヤレス>タイアップの「The Seven Deadly Sins Medley」でイベント本編を締めくくったのち、アンコールに応えて登場したこの日の出演者3組で松任谷由実「恋人はサンタクロース」をセッション。越野、Leola、瀧川の3人は赤いサンタ帽を被った可愛らしい姿でファンを喜ばせるなど、結果的に一足早いクリスマスパーティーとなった。

Text by Takuto Ueda
Photo by WATAROCK

◎公演情報
【mora presents Hi-Res Fresh Live “Juicy”Vol.3】
2016年12月16日 都内某所
出演:瀧川ありさ / anderlust / Leola

関連記事リンク(外部サイト)

瀧川ありさ、新ALテレビCMナレーションにTVアニメ『七つの大罪』のホークが登場
瀧川ありさ、1stアルバム『at film.』の新ビジュアル公開&全国ワンマンツアーが決定
anderlust 新曲「Scrap & Build」女心満載のMVにはカリスマショップ店員ぺえが男役で出演

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。