ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【Chart insight of insight】日韓アイドル対決の行方は? 関ジャニ∞とEXO

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
【Chart insight of insight】日韓アイドル対決の行方は? 関ジャニ∞とEXO

 今週はまたしても星野源が首位。セールスポイントは3位ではあるが、ラジオのオンエア回数、ツイッターのつぶやき指数、動画の再生数などでは軒並み1位を記録。グラフを見てもすべてが上位という文句なしの頂点だ。そこに続くのが、発売週を迎えた新譜2曲。しかも、日韓の人気ボーイズグループというのが興味深い。

 まず、第2位を記録したのが、関ジャニ∞の「NOROSHI」(【表1】)。ジャニーズらしく、セールスポイントに関しては盤石で、21万7千枚という記録で1位となっている。関ジャニ∞に限らず、ジャニーズはとにかくCDセールスの初動が圧倒的なため、売り上げに関しては予想通りの結果といっていいだろう。グラフ上は見えにくいが、ルックアップ(CD読み取り数)も1位となっている。また、今回はラジオのオンエア回数も7位と高ポイント(緑のグラフ)。ツイッターのつぶやき数も3週続けて10位前後とまずまずの位置を推移しており(水色のグラフ)、配信や動画再生などの加算がない部分を見事にカバーしている。

 一方、惜しくも3位に甘んじたのが、韓国発のEXOによる「Coming Over」(【表2】)。ノリのいいダンス・ナンバーは、日本人受けも悪くないはず。セールスのポイントは2位と大健闘しているし、ツイッターのつぶやき数も星野源に次ぐ2位を記録するなど(水色のグラフ)、コアファンからの支持が非常に大きいことがよくわかる。しかし、動画の再生回数やラジオでのオンエア回数が圏外だったり、ルックアップがセールスに反して11位に甘んじたりと、少しバランスに欠けたチャートアクションだったのが残念。来週どこまで粘れるかに期待したい。

関連記事リンク(外部サイト)

Billboard JAPAN HOT 100 2016年12月16日付
【ビルボード】星野源「恋」、21.7万枚セールスの関ジャニを抑え、5冠で4度目のJAPAN HOT100総合首位獲得
【ビルボード】関ジャニ∞『NOROSHI』が21万枚超えで、EXOらを押さえてシングル・セールス1位

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。