ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

【ビルボード HOT BUZZ SONGS】 星野源が連続首位記録を更新中、欅坂46もトップ5以内に

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
【ビルボード HOT BUZZ SONGS】 星野源が連続首位記録を更新中、欅坂46もトップ5以内に

 Billboard JAPAN HOT 100を構成するデータのうちダウンロード、Twitter、週間動画再生数のみを集計し、ネットで話題の曲を読み解く“ホット・バズ・ソング”。今週も、星野源「恋」、ピコ太郎「ペンパイナッポーアッポーペン」が1位、2位をキープした。

 星野源はダウンロードとTweetのポイントは若干、減少したもののいずれも1位。動画再生数も先週に引き続きピコ太郎「PPAP」を超える1142万回で1位だ。いよいよ12月20日にドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』が最終回を迎えるが、その後も「恋」ヒットは続くのか注目だ。

 2位のピコ太郎「ペンパイナッポーアッポーペン」は、週間動画再生数が前週より約100万回減り今週は799万回で2位に。一方アルバム発売の影響もあって、ダウンロード数は上昇した。そして3位は再浮上したRADWIMPS「前前前世」となった。またアイドルはパッケージセールスが強い作品が多いが、欅坂46「二人セゾン」は先週に続いてトップ5以内をキープしている。ダウンロード6位、Twitter4位、動画再生5位とデジタル領域で、まんべんなくポイントを獲得しており、他のアイドルとは異なるヒットを生んでいるようだ。

◎Billboard JAPAN HOT BUZZ SONG(2016年12月19日付)
1位「恋」星野源
2位「PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)」ピコ太郎
3位「前前前世」RADWIMPS
4位「Coming Over」EXO
5位「二人セゾン」欅坂46
6位「なんでもないや」RADWIMPS
7位「世界に一つだけの花」SMAP
8位「ハッピーエンド」back number
9位「reunion」back numberと秦 基博と小林武史
10位「大嫌いなはずだった。」HoneyWorks meets さゆりんご軍団 + 真夏さんリスペクト軍団 from 乃木坂46

関連記事リンク(外部サイト)

Billboard JAPAN HOT 100 2016年12月16日付
【Chart insight of insight】日韓アイドル対決の行方は? 関ジャニ∞とEXO
【深ヨミ】EXO『Coming Over』、ツアー開催地でCDセールス伸びる!

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。