ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ばあちゃんもがんばってる! 出産前日に意識不明になった祖母が息子にくれたもの

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:akasuguedi:20161218143655j:plain f:id:akasuguedi:20161218143748p:plain

予定日には随分早い日の深夜。

いつも以上にお腹が痛く、目覚めて起き上がると破水してしまい、すぐに旦那と病院に向かい入院しました。

破水してからも本陣痛はなかなか来ず子宮口も開かないので促進剤を打つことに。

時間が経つにつれ痛みが増し、激痛と格闘しながら3時間ほど経った時、子宮口を確認しにきた助産師さんがモニターをじっくりと見ながら何かの確認をしてました。

まだ確認してくれないのかな?痛いから早くしてほしいなんて考えてると、

「赤ちゃんの首にへその緒が絡まっちゃてるね」

と言われ、そのことについての説明を丁寧にしてくれてました。

でも痛みと不安で全然頭に入ってきません。

とにかく赤ちゃんを無事に生みたいと、お守りを強く握り続けてました。 関連記事:破水で羊水が流れ出て、へその緒が巻き付き…一刻も早くお腹から出してあげたい!

そこから何時間たったのかわかりませんが、急に子宮口がどんどん開いていったらしく、車椅子にのせられ分娩台へ。

首にへその緒が絡まっているにもかかわらず、30分でするりと生まれました。

駆けつけていた家族がその生まれるスピードに驚いたのか、おめでとうの言葉より先に

「もう生まれたの?!」

と言い、私はというと不安から解放されたのと感動で号泣しました。

そんな結果的に安産だった出産が終わり、赤ちゃんと同室になり慣れない授乳やオムツ替えに奮闘。

睡眠がまとめて1時間とれない3日間を過ごし心身共に疲れきっていた時、母がお見舞いにやってきました。

私は慣れない育児でもうしんどい、寝られない、眠たい、疲れたなど愚痴をこぼしていると、凄い剣幕で

「ばあちゃんも頑張ってるんだからあんたも頑張りなさい!」と一言。

…何故いま急に大好きな祖母の話しになるのか?なんで怒っているのか、ときょとんとしていると、慌てた様子で

「まだ言わないつもりだったんだけどね…」

話を聞くと、息子を抱きながら涙が止まらなくなっていました。

私の出産前日に祖母は意識不明になり、もう4日目を覚ましていない危ない状況だと言われたからです。

祖母は糖尿病と、それから来るアルツハイマーなどの合併症で病院の施設にいました。

色々なことを忘れたりできなくなっていましたが、私が妊娠したときおめでとうと泣きながら喜んでくれました。

予定日は祖母と同じ誕生月だったので覚えやすかったのか、会うたびに大きくなっていくお腹を撫でながら嬉しそうに

『ばあちゃんと一緒だね、ひ孫をだくまで元気でいないと』

と、声帯が弱くもう声がほとんど出ないのに一生懸命話していました。

大好きな祖母が、もしかしたらひ孫を抱く前にお別れなんてと思ったら涙がとまりません。

そのせいか息子もずっと泣いてました。

そんな不甲斐ない私をみて

「あんたが不安になったら子供にまでうつるんだからしっかりしなさい!ばあちゃんだってそんな姿見たくないでしょ!」

と母が一喝。

それでなんとか入院中は乗り切りました。

退院し家に帰宅してからも息子は全くといっていいほど寝ず、空いた時間が5分もあれば爆睡できるほど疲れがピークに差し掛かっていた7日目。

深夜の授乳が終わり息子が寝て私も寝ようとした時、いつも気にならない携帯がとても気になり誰かから連絡くるような気がしました。

そんな不思議な感じがしましたが、疲れていて、マナーモードを解除したほうがいいなとぼんやり考えながらいつの間にか寝ていたのでしょう。

早朝、ドアの開く音と旦那と誰かの話し声で目を開けると、そこには涙で顔を濡らした母がいたのです。

その姿を見て理解してしまい、私も何も言わずに泣き崩れました。

息子が誕生日してちょうど7日目。

私が携帯を気にしていた同じ時刻、

祖母が天国へ。

祖母が久々に実家に帰ってきました。

その顔をみると、とても良い顔をしていて、悲しいですが安心しました。

息子がまだ1ヶ月にもなってなかったのでお葬式には参列できず、旦那と交代して告別式のみ3時間だけ参加して、最後のお別れを…。

旦那が実家のことを全部手伝ってくれ、私が家事と育児を全部、やらなければならず大変でしたが、その代わり悲しい気持ちになる暇がなく、逆に良かったのではないのかと思います。

色々落ち着き、何ヶ月かたったとき、月命日で始めて息子を連れて実家にいきました。

母が抱きかかえ部屋のなかをうろうろしている時、息子が一点を見つめてるのき気がつきました。

なにを見てるんだろうと不思議に視線の先をみてみると、上に飾ってある祖母の遺影でした。

たまたま視線があったのかな?と思い、気のせいだと思いながらも母に、

「ずっとばあちゃんみてるよ!」

と伝えたら、

「本当だ!これがおおばあだよ?お腹のなかで会ったかなぁ?」と言いました。

その場を立ち去ろうとしても、息子はずっと視線をはずさなかったのです。

それを見て、なんだか本当に会ったんじゃないのかと思いました。

息子が生まれた時、首にへその緒が巻きついても、何事もなく生まれてこれたのは祖母が出してくれたから、また予定日より早かったのも祖母がまだ生きているうちに会いたくて早めたんじゃないか、と思えて…。

直接腕には息子を抱けなかったけれど、ちゃんと、ひ孫を見せれてよかったなとまた涙が流れます。 関連記事:ずっと会いたかった亡き父が、赤ちゃんを抱いて笑う夢を見た…その直後に陽性反応!

大好きな人が祖母が亡くなったのは悲しいけれど、息子に人生というバトンを渡していったと思って一生懸命子育てしていきたいと思います。

そして祖母から注いでもらった愛情を今度は息子に注いでいきます。

著者:ぶちっこ

新米のママです。

最近、息子の笑顔にやられっぱなしです

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

「ばぁばの腎臓全部持ってってもいいのに」ママになって最初の試練、母の胸で泣いた日
赤ちゃん返りは「私を見て!」のサイン。兄姉の訴えに、ママも全身で応えてあげたい
「埃じゃ死なない」「いつも笑顔で」が、お義母さんの常套句。そのおおらかさに救われます

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。