ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

近未来の乗り物!ニコラがCO2排出ゼロの高性能トラックを発表

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
nikola1

米国ユタ州ソルトレイクに本拠を置く電気自動車のスタートアップ、ニコラ・モーター・カンパニーが新型のセミトラックを公開した。

・高性能トラック「ニコラ・ワン」

その名も「ニコラ・ワン(Nikola One)」。電気モーターによる駆動系を採用し、320kWhのリチウムイオン電池と燃料電池を搭載している。1000馬力を超えるモーター出力を持ち、一度の補給で1200マイル(約1930km)の走行距離を実現するという何とも高性能なトラックだ。

「この車は最高だ!」ニコラCEO、Trevor Miltonは語る。車体には合計12のカメラによる衝突防止システムの装備のみならず、4KテレビやAppleテレビ、Wi-Fiをも搭載する予定という。

・インフラも整備しCO2のゼロエミッションを達成

nikola2

ニコラはまた、このトラックをサポートするインフラを整えることも計画している。具体的には2019年までに、米国とカナダに合計364ヵ所の水素ステーションを建設するという。

太陽光発電で製造した水素を、ニコラ・ワンによりステーションへ移送する。このシステムにより水素の製造から輸送、走行まで、このトラックに関わる全行程においてCO2の100%ゼロエミッションが達成できるという。

なお、10億ドル(約1170億円)を投資した自社の工場が完成するまでは、著名なトラックメーカーFitzgeraldが製造を行うとのこと。予約はすでに開始されているが、手元に届くまではまだ3~4年かかる見込みだ。

Nikola Motor Company
Nikola’s big reveal could make it the Tesla of semi-trucks
Nikola One: New Hydrogen Fuel Cell Trucks With 1200 Mile Range Unveiled, Expected By 2020 [Video]

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。