ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

Google、Material Designのガイドラインを更新。アプリショートカットやクロスプラットフォーム利用、ヘルプコンテンツの新セクションを追加

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
Google は、アプリや WEB サイト向けに公開している Material Design UI の設計ガイドラインを久々に更新し Android Nougat の新要素である「アプリショートカット(App Shortcuts)」の設計方針を含む 3 つのセクションを新たに追加しました。アプリショートカットはホーム画面からアプリが持つ特定の機能に直接アクセスできる機能で、ガイドラインではアプリショートカットのアイコンにどのようなデザインが理想的なのかを考えるのに役立つヒントを提供しています。Google によると、アプリショートカットのアイコンには円形でシステムアイコンまたは(シングル / グループ)アバターを用いて、トリムエリア内に収まるように配置する必要があります、アイコンの総面積は 48dp でなければならず、2dp のパディングを残し、ライブ領域は 44dp の円に収まるようにデザインすべきだと説明しています。次は Material Design のクロスプラットフォーム利用です。このセクションでは、全プラットフォームにおいて Material Design を使用すべき場合と特定のプラットフォームの仕様に合わせる場合を判断するヒントを提供しています。例えば、ツールバーやアイコンボックスには各プラットフォームでデフォルトのアライメントを使用することを推奨しています。最後の新セクションはヘルプコンテンツの作成、表示、配置の仕方についてです。 ガイドラインんでは、ヘルプコンテンツをアプリのどこにどのように表示すべきなのかを決定するのに役立つフローチャートを提供しています。Source : Google

■関連記事
Googleマップのアクセシビリティ情報に「車椅子対応のエントランス」が追加、簡単に報告可能
「倉木麻衣」の直筆イラストLINEスタンプとLINE着せかえ2種類が配信開始
Lenovo、2017年にChrome OS版Yoga Bookを発売へ

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。