ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

次期ヴィッツGRMNは、ヨーロッパからの帰国子女?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
▲四角いインテーク付きバンパーが採用されるGRMN。2度目の発売となる今回は、フランスの工場で組み立てられ、国内には200台だけが輸入される

▲四角いインテーク付きバンパーが採用されるGRMN。2度目の発売となる今回は、フランスの工場で組み立てられ、国内には200台だけが輸入される

GRブランド立ち上げにインパクトを添える

英国ロータスの車にトヨタのエンジンが使われて久しいが、今度は逆に、そのエンジンがトヨタの車に導入される。こんな驚きの手法を用いて開発されているのが、ヴィッツへ2度目の設定となるGRMNだ。

現行ヴィッツは、2017年1月に大規模なマイナーチェンジを受け、ハイブリッドの追加と同時に延命に乗り出す。スポーツ仕様であるG’sは、いったんラインナップから消滅するが、GRブランドの名を掲げて同年秋に再登場するようだ。

GRMNは、GRブランドの立ち上げに際し、より鮮烈な印象を放つ狙いで発売される。

▲2013年に200台が限定されたヴィッツGRMNには、最高出力152psを発生する1.5Lターボが搭載されていた。当時の新車価格は270万円

▲2013年に200台が限定されたヴィッツGRMNには、最高出力152psを発生する1.5Lターボが搭載されていた。当時の新車価格は270万円

ロータスチューンのエンジンを採用

冒頭で述べたように、フロントノーズには、ロータスがエリーゼに使用している1.8Lスーパーチャージャーが搭載される。ヴィッツの車格や足回りに合わせて微調整が図られ、スペックは最高出力220ps/最大トルク24.5kg−mをマークする。トランスミッションは、6速MTが組み合わされる。

17インチタイヤが備わる足回りには、ザックス製ダンパーを採用。引き締まったハンドリング性能と、突き上げの少ない角の取れた乗り心地が両立されることだろう。

エクステリアには、GRシリーズ共通のエアロバンパーが採用される。中央の四角いエアインテークと、左右の丸型フォグランプが迫力ある表情を作り出し、標準車との違いを演出。ベースは5ドアモデルか。なお、先にGRシリーズと表記したように、このバンパーはGRMNだけでなく、GRスポーツ、G’s改めGRにも用いられて、顔つきに統一感が持たされる。

▲欧州向けヤリス(ヴィッツ)を手がけているトヨタ・モーター・マニュファクチャリング・フランス(TMMF)は2001年1月から稼働している工場だ

▲欧州向けヤリス(ヴィッツ)を手がけているトヨタ・モーター・マニュファクチャリング・フランス(TMMF)は2001年1月から稼働している工場だ

生産はフランス工場か

ロータスのエンジン搭載と並んで、注目したいのが生産拠点だ。なんと今度のGRMNは国内ではなく、欧州向けヤリス(ヴィッツ)を組み立てている、フランス工場で生産される。

一定の台数が量産され、日本向けには200台が割り当てられる。すなわち、国内では輸入車として扱われるわけだ。いまのところ、価格は前回のGRMNより70万円高い、340万円に設定される見通しだ。

※2016年12月18日現在における新型車の発表についての予測記事です。発表を保証するものではありません

【SPECIFICATIONS】

■予想発表時期:2017年10月

■全長×全幅×全高:3945×1695×1480(mm)

■搭載エンジン:1.8L 直4+スーパーチャージャー

text&photo/マガジンX編集部

関連記事リンク(外部サイト)

デザインも走りも素敵なルノー キャプチャー、100万円台に!(そして現行ルーテシアの相場も動きあり)
新車時価格の高い大排気量車が中古車では小排気量車より10万円以上安く買える??
走行距離3万km以下の旧型BMW 3シリーズが100万円以下でイケること、知ってました?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
日刊カーセンサーの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。