ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

模様替えや改築で活躍!世界初の構造モバイルセンサー「CANVAS」は空間を一瞬でスキャンする!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
canvas_new_1主に建築やインテリアデザインに携わる人向けだが、画期的なテクノロジーなので、ここでご紹介したいと思う。

「CANVAS」は、モバイルデバイスから直接空間スキャンする世界初の構造センサー。手持ちのタブレットデバイスにセンサーを装着し、タップするだけで、部屋の計測を開始する。

・部屋の各寸法を一瞬にして計測

canvas_2何と言っても便利なのは、メジャーや物差しを使わずに寸法がわかる点。あくせくと時間をかけることなく、一瞬にして画面に表示される。

抽出したデータは、AutoCAD、Revit等のCADツールプログラムに取り込みができる。専用アプリと組み合わせれば、部屋の正確な3Dモデルをキャプチャすることも可能だ。これはCADデザイナーにとっても、ありがたいところ。設計時間を省略し、即デザインに取りかかれるからだ。

・DIY愛好家にもオススメ

canvas_4アプリ自体は無料だが、構造センサーのコストが379ドル(約4万3700円)から499ドル(約5万7500円)、センサーアクセサリー購入費として49ドル(約5600円)が必要。加えて、CAD機能へスキャンする場合、1モデルあたり29ドル(約3300円)かかるという。

対象となるユーザーは建築家、インテリアデザイナー、ゼネコン、不動産業者といったところだが、素人でもDIY愛好家なら十分使いこなせる。部屋の模様替えや家具の配置を変更したいとき、大いに役立ちそうだ。ただし、多少の出費は目をつぶること。

CANVAS

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。