ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

ガガガSP、6年ぶり主催フェス&20周年突入記念ツアー開催決定

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ガガガSPがバンド結成20周年を迎える2017年、伝説の野外フェス『長田大行進曲』を約6年ぶりに開催することを12月17日に行われたワンマンライブ中に発表した。また、20周年記念ツアー『二十歳になったのさ!どーって事ねえな!』の開催を決定した。
ガガガSP (okmusic UP's)
震災復興を掲げた1万人のフリーライブ開催や日本最大級の音楽チャリティーフェス「COMIN’KOBE」にて12年連続でイベントの大トリを務めるなど、地元神戸から全国に向けて数々の伝説を作ってきた日本最古の青春パンクバンド「ガガガSP」。「長田大行進曲」は彼らが愛する「地元・神戸」から、日本のバンドシーンを共に牽引する盟友たちとともに、「音楽の力強さ」、圧倒的な熱量を誇る「ライブの魅力」を発信いくために始動した野外フェス。

それに先駆け20周年をバンドの「成人式」として、『二十歳になったのさ!どーって事ねえな!』を敢行し全国11都市を回ることも同時に発表された。対バンは、かりゆし58、STANCE PUNKS、KNOCK OUT MONKEYなどともにバンドシーンを賑わせてきたメンツが揃う。その他のバンドも続々発表する予定。

更には年末関西ロックシーンの風物詩ともなっている『FM802 RADIO CRAZY』内にて、2日間限定で「長田大食堂」を限定オープンする。ガガガSPドラム“田嶋 悟士”は調理師免許をもち、自らが居酒屋「鬼味噌田嶋屋」をプロデュースするなど異色の経歴を活かし、彼らの地元・長田名物のB級グルメ「ぼっかけ!!!」シリーズを考案し、ご提供するという。出店中は、ガガガSPメンバーもゲリラで店頭に立つ予定だ。ガガガSPが歩み出す痛快すぎる結成20周年イヤーの幕開けにぜひご注目を。

【ガガガSP 唄い手 コザック前田コメント】

「市井(ちまた)の37歳が自分の人生を振り返ってみても、ろくな事は無いだろう。この数年なんとかメンバー、周りのバンドマン、スタッフ、所属事務所に助けられてやってこれた。“パンクバンドなんて5年位で辞めるのが妥当。後は虚しいもんやで。”と、何人の人にこれまで言われてきたかわからないが、結局のところ20年やってしまった。18歳からこのバンドを始めたので、人生の半分以上をガガガSPに費やして来た。答えなんてわからないし、正解なんて無いのだろう。でも、確実にガガガSPはまだ活動している。休止やメンバーが変わった事もあったけど、まだやっている。でも何でやっているのか?と聞かれてもはっきり言うてわからない。ただ30代の後半になってまだイバラの道を歩きたいのか!?自分でもなんかわからない。でもガガガSPをやる気持ちは線香花火の火の様に、僕の火はまだ消えてはいない。昔、バンドの先輩に言われた事で凄い覚えている事がある「才能やセンスなんて本当にいるのかなあ?本当はやり続けてる連中は〈クソヂカラ(力)〉や〈意地〉でやってると思うんよ。」今になって思う。本当にそうかもしれない。そうだとしたら、この20年の集大成を一度見せたいと思う。病みながら、人にも迷惑かけながら、そしてたまにそのクソヂカラでやってきた音楽で人を少しでも救って来たかもしれないから。ガガガSP、二十歳になります。まだ成人したばかり。成人式を見て欲しい。クソヂカラの成人式を。」

『長田大行進曲2017』
日程:2017年9月30日(土)、10月1日(日)

会場:後日発表

開場/開演:OPEN/10:00~、START/11:00~

『ガガガSP 20周年突入記念ツアー「二十歳になったのさ!どーって事ねえな!」』
2月24日(金) 梅田Shangri-La

w/ かりゆし58

2月26日(日) 岡山CRAZY MAMA 2nd ROOM

w/ KNOCK OUT MONKEY

3月08日(水) 金沢Van Van V4

3月09日(木) 新潟GOLDEN PIGS BLACK STAGE

3月10日(金) 仙台enn 3rd

3月17日(金) 松山サロンキティ

3月26日(日) 福岡Queblick

4月05日(水) 札幌COLONY

4月07日(金) 名古屋CLUB UPSET

w/ STANCE PUNKS

4月08日(土) 渋谷STAR LOUNGE

w/ STANCE PUNKS

4月15日(土) 神戸 太陽と虎

『長田大行進曲2017』 (okmusic UP's)
カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。