体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Google、Google Homeの対応サービスを30種類拡大

Google が 12 月 16 日に「Google Home」に対応するサードパーティ製サービスを大幅に拡充しました。Google Home では、対応するデバイスやアプリ、サービスに対して OK, Google の音声コマンドを利用して様々な操作を実行することができます、この対応サービスが大幅に増えたということです。新規追加のサービスは、WSJ、Todoist、Tender、Anchor、Food Network など30 種類にも及び、これらの新サービスは Google Home アプリ上の Google Home デバイスに入り、「サービス」セクションを開くと確認することができます。Source : Google+

■関連記事
Google、Android Wear 2.0で対応するスタンドアロンアプリの動作内容を概説
レコチョク、ケータイ向け「着うた」「着うたフル」の配信サービスを終了
Android版「Evernote」に共有コンテンツを一覧できる新セクションが追加

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。