体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スーパーマリオランを遊んだ人に、おすすめ名作スマホランゲーム10選

12月16日にリリースされた、任天堂によるスマホ向けランゲーム『スーパーマリオラン』。さっそくダウンロードして楽しんでいる方も多いのではないだろうか。

そこで今回は、『スーパーマリオラン』で遊んで、同じようなランゲームジャンルの作品をさらに遊びたいと思っている人向けに、スマホでプレイ可能なおすすめランゲームを紹介したい。選出内容としては無料・有料問わず、対応OSはiOS・Androidを対象とし、名作や定番を含めたインディゲームを10作品集めてみた。

ランゲームにもさまざまな種類があると思われるが、今回は「自動的にキャラが進んでいく中、障害物やアイテムなどが現れた場合にアクションを行う」という定義でゲームを集めてみた。手軽に遊べるものからテクニックが必要なゲームまで幅広く集めてみたので、気になった作品があった人はぜひ遊んでみてほしい。

『Alto’s Adventure』

『Alto’s Adventure』はカナダの2人組のデベロッパー・Snowmanが2015年2月19日にリリースした作品。スノーボードに乗って滑りながら、逃げたリャマを追いかけるランゲームだ。障害物に当たったり、崖から落ちるといったミスをするとゲームオーバーになり1プレイが終了する。その時点でスタートから何m進んだか、リャマを何匹捕まえたか等の実績に応じてスコアが算出される。

本作でアルトは雪原から、森、村などを次々と滑り抜けていく。そのデザイン一つ一つがデフォルメされており、思わず見とれてしまう。ランゲームは同じような風景が連続して単調になりがちな場合もあるが、このゲームをプレイしていると、夕方、夜、夜明けと刻一刻一刻と背景が変化していくのだ。そのグラデーションは見事。また、ランダムで天候も変化するため、風景に飽きることはない。

操作は、タップしてジャンプをするか、ジャンプをしたまま長押しをしてバックフリップ(回転)をするかといった操作のみ。道を塞いでいる障害物を避けたり、崖から大ジャンプをしたり。屋根の上を走るなど、簡単なコースの分岐があったりもする。

実際にスキーやスノボをしたことがある人なら、最初は嫌というほどたくさん転んでしまうが、徐々に慣れてきて、気持ちよく滑れるようになる瞬間があるのではないだろうか。まさに、このゲームにおける上達は「コケながら覚える」という、実際にスノボに乗れるようになるプロセスも体感できる。そのうち余裕も出てくるので風景の美しさも楽しみながら、その中を滑り抜ける快感を味わえるプレイ体験を味わえるだろう。

ダウンロードはこちらから
・iOS

・Android

Get it on Google Play

(紹介記事)
「滑れるようになる」が味わえるゲームデザイン。スノボで滑り抜けるスマホゲーム『Alto’s Adventure』
なぜゲームの夕暮れは綺麗なのか – 『Alto’s adventure』を遊びながらゲームに流れる時間に思いを馳せる

『ALONE』

ALONE Gameplay Footage from Laser Dog Games on Vimeo.

宇宙を舞台にした超高速ランゲーム「ALONE」は、イギリスのインディデベロッパーLaser Dog Gamesが開発したスマホゲームだ。

本作は小惑星帯を飛ぶ宇宙船を操作するスペースアクションだ。豆粒ほどの大きさの宇宙船が左から右に向かって超高速で飛んで行くので、指を滑らせて上下をコントロールする。ランゲームなので、操作は上下だけだ。浮いているスペースデブリや飛んでくる隕石を避けながらどこまで飛べるか、飛距離を稼いでいく。なおコースを取り巻く岩に激突すると即死、浮遊している残骸にぶつかると耐久力が減少していく。

距離1000Mごとにゾーンが変わり、背景色やコースのパターンが変わるのだが、最初は1000M飛ぶこともままならないだろう。プレイし始めた頃は、数百Mで激突して木っ端微塵になるのがオチだ。なぜかというと、宇宙船の動きが半端無く超高速だからだ。極めて超高速なので一切休む間もなく、次々変化する地形に合わせて宇宙船を導いていかねばならない。

1 2 3 4 5次のページ
もぐらゲームスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。