ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ツクモ、VR対応薄型ノートPC「Razer Blade」を発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

TSUKUMOブランドでパソコンなどを販売する株式会社Project Whiteは、2016年12月23日(金)より、RAZER社のゲーミングノートPC「Razer Blade」の新モデルを、TSUKUMO eX.地下一階にある「RAZERZONE」にて取り扱い、販売を開始すると発表しました。ツクモ、VR対応薄型ノートPC「Razer Blade」を発売

初回入荷はストレージが256GB版と512GB版の2モデルで、価格はそれぞれ215,800円(税別)と、240,800円(税別)となります。

また、Razer Bladeの取り扱いに伴って、12.5インチの現行型Razer Blade Stealthの取り扱いも開始、同機種に関しては在庫限りの購入特典も用意しているとのことです。

新型Raze Blade

ツクモ、VR対応薄型ノートPC「Razer Blade」を発売

新型のRazer Bladeは、第6世代Intel Core i7-6700HQと、GPUにNVIDIA GeForce GTX1060を搭載するゲーミングノートPCです。前モデルと比べてグラフィックス性能が40%以上向上しており、VR Ready認証を取得しているため、

Oculus RiftとHTC Viveが動作します。

メインメモリにはデュアルチャンネル動作のDDR4、ストレージは最大1TBまで選択可能なPCI Express接続のM.2 SSDを搭載しています。

Razer Bladeは高性能でありながら、総重量は1.89Kg、17.9mmの薄さであり、携行性に優れています。

Razer Bladeスペック

ディスプレイ
14インチ IPS フル HD ノングレア、アスペクト比16:9、解像度1920×1080、LED バックライト付き
グラフィックス
NVIDIA® GeForce® GTX 1060 (6GB GDDR5 VRAM)
プロセッサ
インテル® Core™ i7-6700HQ クアッドコアプロセッサー (ハイパースレッディング・テクノロジー搭載) 2.6GHz / 3.5GHz (Base/Turbo)
チップセット
モバイル Intel® PCHM 100シリーズチップセット、HM170
メモリー
16GB デュアルチャンネル オンボードメモリー (DDR4、2133MHz)
OS
Windows 10 (64ビット)
ストレージ
256GB SSD (PCIe M.2) 512GB SSD (PCIe M.2) 1024GB SSD (PCIe M.2)
通信
Killer™ Wireless-AC 1535 (802.11a/b/g/n/ac + Bluetooth® 4.1)
入力と出力
• 内蔵ウェブカメラ (2.0MP)• Chroma バックライト付きアンチゴースト機能キーボード• Thunderbolt™ 3 (USB Type-C™)• USB 3.0ポート x3 (SuperSpeed)• HDMI 2.0オーディオ/ビデオ出力• 3.5mm ヘッドフォン/マイク複合ポート
オーディオ
• 内蔵ステレオスピーカー• アレイマイク• Bluetooth® 4.1 • ドルビー®デジタルプラス ホームシアターエディション• 7.1 コーデックサポート (HDMI経由)
追加機能
• Razer Synapse 対応プログラム可能キーボード&トラックパッド、バックライト、ファンコントロール付き• Kensington™ セキュリティスロット• Trusted Platform Module(TPM 2.0)セキュリティチップ搭載
電源とバッテリー
• 小型165W 電源アダプター• 内蔵70Wh 充電式リチウムイオンポリマー電池
概算寸法
0.70” / 17.9mm (高さ) x 13.6” / 345mm (幅) x 9.3” / 235mm (奥行)
概算重量
1.89 kg / 4.16 lbs

(参考)

ツクモ プレスリリース

https://kaisya.tsukumo.co.jp/static/release/161216r.html

(関連)

VR製品も取り扱うRazer社のショップがTSUKUMO eX.にオープン

約5万円のPC向けVRデバイス「OSVR HDK2.0」が日本で発売

ツクモ、GTX1070搭載VR対応ノートPCを販売開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Mogura VRの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。