ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

なぜ今、オシャレな「理容室」が増えてるの?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

なぜ今、オシャレな「理容室」が増えてるの?
J-WAVEで放送中の番組「ALL GOOD FRIDAY」(ナビゲーター:LiLiCo・稲葉友)のワンコーナー「NN Seimei WORK INSIDE」。12月16日(金)のオンエアでは、稲葉が表参道にある理容室「FREEMANS SPORTING CLUB」に潜入取材。最近じわじわと人気上昇中の理容室。「男の格好良さ」を追求するプロフェッショナルたちの仕事に迫りました!

いわゆる「床屋」ですが、実は今、ファッションやライフスタイルにこだわりを持つ方の間で「理容室へ通う」という習慣がじわじわときています。今までのイメージと違い、かなりスタイリッシュな変化を遂げていて、20代から40代と、幅広い方々が通っているとか。

「FREEMANS SPORTING CLUB」はファッションブランドが経営している理容室で、もともとはニューヨーク生まれのお店。表参道の店鋪は1階はファッション、2階はレストランを併設、3階の理容室は3年前にオープンし、都会の中でくつろげる空間を提供しています。

店長の矢谷壽秀さんは、理容室ならではの強みについて、美容室のやわらかい髪型に対して理容室は「シャープな形が出せる」と言います。男らしいシャキッとしたスタイルを出すために、「顔剃り」などでうぶ毛を剃ることや、ヒゲを整えるのも理容室ならでは。これまでかっこ悪いイメージだった理容室を「かっこいい仕事ということをアピールしたい」と話していました。

理容師と美容師には、「顔剃り」など、できる資格に違いがあります。「FREEMANS SPORTING CLUB」の理容師さんは、それぞれが違う店で修行し、トップレベルの技術とこだわりを持った人たちばかりで構成されています。舞台前に「顔剃り」をしてゲン担ぎをするという稲葉が、今回は「細やかな泡の作り方」を教えて頂きました。

熱湯にブラシを浸すとき「かなり熱い」と語った稲葉、円を描くように空気を入れて泡を作ります。修行段階のアシスタントから「顔剃り」という作業に関わる理容師さん。顔剃りは、お客さまの骨格や顔の凹凸に合わせて刃を寝かせたり、ヒゲの濃さに合わせて剃るなど、数をこなせばこなすほど上手くなる技術なのだとか。また、女性も理容室で顔剃りをするのはオススメだそうで、メイクのノリや顔色が明るく変わるそうです!

最後に、同店では若手…とはいえ11年ものキャリアを持つ香西陽介さんに、理容師という仕事の上での人との関わり方について伺いました。

「この店の前、9年間お世話になっていた当時の師匠に見せてもらった背中や、教えて頂いた技術。それが今、僕の持っている技術の全てですし、小さい頃から通っていた人が就職をしたり結婚をしたりなど、節目に散髪をしてヒゲを剃ってというタイミングに立ち会えるのは、この仕事の醍醐味です」(香西さん)

稲葉も「師匠から弟子へ…という関係がとても素敵で。それぞれの方に技術とこだわりを感じた、男の職場として魅力的」と言う理容室「FREEMANS SPORTING CLUB」は、お父さんや彼氏が30分顔剃りをしている間に、奥さんや彼女が買い物を楽しむなど、カップルや家族が行っても楽しめる場所とのこと。LiLiCoも「今度彼氏といきます!」とノリノリでした(笑)。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「ALL GOOD FRIDAY」
放送日時:毎週金曜 11時30分−16時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/goodfriday/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。