ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

自称マニア! ハマ・オカモト「ローグ・ワン」を熱弁

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

自称マニア! ハマ・オカモト「ローグ・ワン」を熱弁
J-WAVEで放送中の番組「RADIO DONUTS」(ナビゲーター:渡辺祐・山田玲奈)のワンコーナー「TOKYO GAS LIFE IS A GIFT」。12月17日(土)のオンエアでは、前日に全世界同時公開となった、スター・ウォーズのスピンオフ作品「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」。その見どころを、J-WAVEの番組でそれぞれナビゲーターを務めているサッシャさんと、OKAMOTO’Sのハマ・オカモトさんの2人がたっぷり語りました。

サッシャ:これが僕らが求めていた、エピソード1なんだと思ったんですよ。要はエピソード4に至る物語を、本当に知りたかったスター・ウォーズの世界観で語ってくれている映画こそ、この「ローグ・ワン」! “ローグ。ワン”ですから、僕の中では“エピソード1”的な位置付けになっているんですよね。これを観ずしてスター・ウォーズの始まりは語るべからず、と思ってます! やっぱりコレは観なきゃダメだよね?

ハマ:はい! 観なきゃダメです。サッシャさんはエピソード1とおっしゃったのも、まさしくその通りだと思いますし、実際、時系列でいうと、エピソード4が一番最初に公開したものなので、その前の位置付けといわれれば、僕はエピソード0といってもいいんじゃないかと。…僕ら2人の熱量が気持ち悪いということだけは、この時点ではっきりしてますけどね(笑)。

冒頭から熱い語り口でトークを展開する2人。かなりのマニアであることが伝わってきます。さて、今回の作品は、スター・ウォーズ(以下、SW)の「スピンオフ」に位置付けられているわけですが、SWを知らない人でも楽しめるのでしょうか?

どうやら今作には、従来からのSWファンにとっては、ピンとくる「名台詞」や「数字」など隠れた“遊び”がたくさん盛り込まれているそうですが、その中にはエピソード4に深くつながるものもあるとか。なので、今回をきっかけにエピソード4を観る人も、すでに観ている人も、「あ、あれはこういうことだったんだ」という気付きがあるとのこと。

また、無名の戦士たちの戦いがメインなのですが、彼らがなぜエピソード4で出てこないのか、そのあたりも深く追求されているそうで、「そこに注目して欲しい」とサッシャさん。SWビギナーも安心して観られる内容になっているようですよ!

ところでハマさんに、今作の「ベストアクト」をお聞きしましたよ!

ハマ:やっぱりねぇ、監督じゃないでしょうか。もうなんていうか…お歳暮あげたいもんね。「あなた本当によくわかってる!」と。僕は度肝抜かれましたね。世界中のSWファン、そしてSW好きの映画監督とかから、拍手を送られるべき人かなと思います。2016年で知った外国人の人で一番好き。

今作は、これまでのジョージ・ルーカス監督ではなく、音楽もジョン・ウィリアムズではありません。しかし、ハマさんはこの2人ではなくても、「僕らの好きなSWっていうのは生き続けるんだ」と感じたそうです。作品全体からは“SW愛”が溢れており、編集やカメラワークにもそれを感じるそうで、それだけで「泣いちゃう」とハマさん。

まだ公開されたばかりなので、ストーリーには触れられませんでしたが、2人の語る熱い“SW愛”に観たくなった人も多いのでは? マニアはもちろん、全くSWを知らない人でも楽しめる話題作「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」。なぜ世界中の人たちはここまで熱狂するのか? その理由をぜひ劇場で確かめてみてください!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「RADIO DONUTS」
放送日時:毎週土曜 8時−12時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/radiodonuts/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。