ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

お菓子・スイーツ・雑貨も!和歌山の人気お土産ランキングとおすすめのお土産屋まとめ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

お菓子・スイーツ・雑貨も!和歌山の人気お土産ランキングとおすすめのお土産屋まとめ
Provided by

Provided by foursquare-icon-16x16

こんにちは。Compathy Magazineライターのあ~ちゃんです。
世界遺産に認定された高野山や熊野古道、そして真っ白な砂浜が美しい白良浜など魅力がたっぷりの和歌山県。実は和歌山県は大阪府、奈良県、三重県に隣接しており、大阪から新幹線で一時間、東京からも飛行機で70分と日帰りも可能な場所。その中でも「和歌山マリーナシティ」はJR和歌山駅からバスで30分。日帰りでも遊べるおすすめスポットです。アトラクションからショッピングまでできるので、子どもから大人まで楽しめますよ。

そんな和歌山県には今も豊かな自然や伝統が残り、老舗和菓子店や紀州南高梅専門店など魅力たっぷりのお土産品がたくさん! 今回は、和歌山に行ったら必ず足を運びたい、食べてみたいお土産屋さんを紹介していきます。

関連記事:
「和歌山の人気カフェ・スイーツ店ランキング〜洋菓子店のケーキから老舗和菓子店の銘菓まで」
「海鮮からB級グルメなどの名物も!和歌山の定番グルメとおすすめ店まとめ」

和歌山の人気お土産ランキング〜お菓子・スイーツ・グルメ・雑貨まとめ〜

1.柚もなか(かげろう)

出典: 楽天

出典: 楽天

柚もなかは、昭和8年に創業した西牟婁郡白浜町にある「福菱」が、一番最初に製造した和菓子です。職人達が丁寧に焼き上げたもなかには和歌山県産の天然の香り豊かな柚の皮と、白餡と練り合わせた柚餡が入っています。
柚の風味が白餡とひとつになることで、甘すぎずさっぱりとした味わがなんともいえません。古くから白浜温泉に伝わる最高級の和菓子で、最中皮の香ばしさと柚の豊かな香りが人気の秘密。お手頃なお値段はおみやげにも最適ですね。

2.パンダグッズ(白浜アドベンチャーワールド)

Provided by Provided by foursquare-icon-16x16

実は日本で1番パンダが多くいるのが、「アドベンチャーワールド」! 和歌山県西牟婁郡白浜町にあります。アドベンチャーワールドは、世界に先がけてジャイアントパンダの保護のために日中共同研究を行っているので、現在8頭のジャイアントパンダがいます。そんな癒しのカワイイパンダを一目みるため、週末は観光客で賑わいます。

パンダを見た後にゲットしたくなるのが、充実したパンダグッズ達! ぬいぐるみからキーホルダーや文具、Tシャツ、帽子、靴下など、み~んな可愛いものばかりでどれにしようか迷ってしまいます。パンダのクッキー、どらやきなどの可愛いお菓子もたくさんあり、パンダ好き女子、子どもたちに喜ばれるお土産と言えるでしょう。

3.じゃばらポン酢

出典: 楽天

出典: 楽天

じゃばらポン酢は、和歌山県北山村にだけ自生している、珍しい柑橘系果実”じゃばら”を使って作るポン酢です。じゃばらはゆずに近いのですがビタミンが豊富で、まろやかな酸味とうまみ、独特の香りが絶妙なバランス! 邪気をはらう力があると言われていて、そのことからじゃばらと呼ばれるようになったそうです。
鍋料理はもちろん焼肉やお刺身、サラダ、餃子、おひたしなどさまざまな料理に合います。和歌山に来た際には、ぜひじゃばらポン酢をお土産にいかがでしょうか?

4.金山寺味噌:お酒のおつまみにもピッタリ!

出典: 楽天

出典: 楽天

和歌山県推薦優良土産品に指定されている、金山寺味噌。お酒やビールのおつまみに長い間愛され続けている、和歌山の郷土料理です。調味料として使われるのではなく、あくまで常備菜、おかずとして親しまれているおかず味噌。材料は米・大豆・麦・麹に、生姜・茄子・紫蘇・白瓜などさまざまな野菜を漬けて作られます。
味噌の芳しい香りが特徴の金剛寺味噌は、あたたかいご飯との相性も抜群! お茶漬け、茶粥、豆腐や野菜・もろきゅうにのせて食べるのもおすすめ。食卓に欠かせない一品になること間違いなしです。

5.てまりみかん(早和果樹園)

プレミア和歌山審査員特別賞受賞! ジューシーなみかんをまるごと漬け込んだてまりみかん。12月以降にとれた有田みかんの皮を1つ1つ丁寧にむいて甘さを控えたシロップにコンポートしています。
てまりみかんに使用されるみかんは、3Sサイズの小さなみかん。小さすぎるため規格外で市場には出回りませんが、実は大変おいしいのです。甘さが詰まっていて皮も薄くシロップ漬けには最適なみかんは驚くほど柔らかでジューシーさが口の中いっぱいに広がります。子どもにも大人にもおすすめのお土産です。

6.味一ジュレ(早和果樹園のゼリー)

出典: 楽天

出典: 楽天

みかん果汁91%を使用した濃厚ゼリー、味一ジュレ。濃厚なみかんのみを厳選しました。薄皮も一緒に裏ごしをする”チョッパー・パルパー方式”で搾汁した有田みかんの果汁が贅沢に使われています。
みかん本来の味を保つため、水を一滴もいれずに自然素材のこんにゃく粉と寒天で固めた一品。また香料や酸味料も入れていないため果汁本来の味を楽しめます。さらに冷凍庫に入れると、半日でシャーベットにすることも! 年間出荷個数11万個以上の人気みかんジュレです。

7.うつぼ小明石煮(株式会社マルサ)

出典: 楽天

出典: 楽天

鉄分・カルシウム・コラーゲン・良質のたんぱく質を、たくさん含んだ”うつぼ小明石煮”。うつぼは一般的に馴染みの薄い魚ですが、白身の淡白な味わいから大変珍重されている地域もあります。古くから紀州串本の大島ではお祝い事やお祭りの際には、欠かせないお魚です。
最近では栄養素を豊富に含んでいることから、美容や健康さらに滋養強壮食品として注目されています。日本酒・焼酎・ウイスキーなどのお酒にも合い、ご飯のお供、子どものおやつにもおいしくいただけますよ。

8.駅長たまグッズ(和歌山電鐵株式会社)

Provided by Provided by foursquare-icon-16x16

日本一有名な猫、駅長たま。たまは貴志駅の売店の飼い猫でしたが、経営移管から猫小屋は立ち退きを迫られる危機に! 飼い主が和歌山電鐵社長に「猫を駅に住まわせてほしい」と相談し、社長がたまを見た瞬間に駅長姿をひらめいたことから、たまは駅長へと任命されたそうです。

たまは人懐っこい性格でみんなから愛され、その効果で海外からも観光客が訪れるほど大人気。たまは2015年に亡くなりましたが、現在は駅舎に「たまカフェ」が設置されています。となりにある「タマミュージアム」ではたまグッズやたまドロップ缶、たまあられ、たまのしっぽなどのパッケージも可愛いお菓子が販売されています。
貴志駅を訪れる際は、ぜひたまの姿に思いを馳せながらお土産を選んでみてはいかがでしょうか?

9.白炭クッキー(富美堂)

出典: 楽天

出典: 楽天

白炭クッキーを作る「富美堂」は、明治38年創業と100年以上の歴史老舗の菓子店。和菓子、洋菓子の一級技能士である3代目店主は和歌山県知事表彰、農林水産大臣賞を受賞しています。

白炭クッキーは紀州備長炭のミクロパウダーと黒ゴマを練りこんだ手作りクッキー。見た目は白備長炭のようで驚きますが、食べてみるとバターの香りがする甘いクッキーで見た目とのギャップが面白いお菓子です。昔から炭はくすりとして使われ、悪玉菌やにおい、腸の中の余分な水分や脂肪を吸収し掃除してくれると言われています。
お土産として持ち帰れば、ご友人やご家族の間で話題になりそうですね。

10.紀州御殿てまり

紀州御殿てまりは江戸時代に女官がお城にいるお姫様に作ったことが始まりで、400年程の歴史があります。かつてはお姫様のお世話をしている女官達が競うように、美しいてまりを作っていました。里に戻った女官が自分の家族へも作ったことから紀州・和歌山にも広まったそうです。
紀州御殿てまりの特徴は、鮮やかで明るい色彩! 気分が晴れやかになる美しい色合いで、子どもの成長や人間関係の円満を祈りながら作られています。子どもの誕生の際やひな壇になど、親しい方へのプレゼントとしてお土産にいかがでしょうか。

11.デラックスケーキ(鈴屋)

Provided by Provided by foursquare-icon-16x16

創業大正13年の「鈴屋」の代表銘菓”デラックスケーキ”! 保存料を一切使用せず、鈴屋独自製法で作ったカステラに自家製の白インゲン豆を使ったジャムをはさみ、全体をホワイトチョコでコーティングしたケーキです。
秋篠宮殿下や紀子姫殿下もお召上がりになったお菓子で、しっとりときめ細かいカステラにパリッとした食感のホワイトチョコが引き立ち上品で素朴な味わいです。冷やして食べるとさらにおいしくいただけますよ。

12.田辺っ子(七福堂)

Provided by Provided by foursquare-icon-16x16

田辺っ子は、和歌山県田辺市にある、創業昭和32年「七福堂」さんの代表銘菓。バターの香り漂うふんわりやわらか~い生地に、バタークリームが挟まっているブッセは、創業以来子供からご年配の方々にも親しまれています。
程良い甘さのクリームが食べだすと、とまらないおいしさ! 昔懐かしい味です。1個120円で単品から販売しています。賞味期限が常温で7~10日と日持ちが良いので、旅の途中にお土産として買っておいても安心ですね。

13.tomato-ume(とまと梅)

出典: 楽天

出典: 楽天

tomato-umeは、和歌山県日高郡みなべ町にあるJAみなべいなみが考案し、2年かけて開発した新感覚デザートです。印南町産のミニトマト”優糖星”の果汁に、紀州みなべの南高梅を1カ月以上つけ込んだ梅干し。
優糖星は、暖かい紀伊半島の気候でいっぱい日差しを浴びて育った、真っ赤なあま~いミニトマト。最低糖度が8度というトマトにじっくり漬け込んだ南高梅は、甘くてまろやかなデザート系梅干しに生まれ変わりました! 
新感覚の梅干しぜひ試してみるのはいかがでしょうか。みなべ町「ほんまもんふるさと産地直売所」で購入できます。

14.井出商店の和歌山ラーメン

出典: 楽天

出典: 楽天

井出商店」は、ご当地ラーメンブームの火付け役! 1998年に行われた”日本一うまいラーメン決定戦”で、全国から集まった数々の名店を抑え優勝した人気店です。

和歌山駅からすぐのところにあるお店では、本場の和歌山ラーメンが提供されています。人気の秘密は、じっくり時間をかけて作られた濃厚でこく深いこだわりのスープ。麺は中細ストレート麺で濃厚な旨みが詰まったスープと絡みが絶妙です。
井出商店からは、和歌山ラーメンを味わえるインスタントラーメンが発売されています。ご自宅で井出商店の味が楽しめる一品、ぜひお土産候補に入れてみてはいかがでしょうか?

15.本ノ字饅頭(総本家駿河屋)

Provided by Provided by foursquare-icon-16x16

「総本家駿河屋」は室町時代中期に、初代岡本善右衛門が饅頭処を始めた超老舗和菓子屋さんです。江戸時代初期には、紀州ご用達の紀州家御用菓子司に任命されています。
そんな長い歴史のある総本家駿河屋の人気菓子は、本ノ字饅頭。創業以来の製法を守り続けている逸品は、紀州徳川公が上洛の際、ご賞味されたと言われています。小麦粉に甘酒を練りこみ自然発酵させた生地に小豆こしあんを包んで蒸し上げ、その名の通り表面には”本”の文字が焼印されています。麹と表面の香ばしさを感じる甘くて上品な歴史を感じる一品です。

16.湯浅醤油

Provided by Provided by foursquare-icon-16x16

世界一の醤油を作りたい! 「湯浅醤油」は最高の職人たちが、最高の醤油を醸造し、世界一を目指して頑張っている醤油専門店。醤油発祥の地である和歌山県の湯浅町で技術と伝統を守り、原料にこだわり時間と手間かけた昔ながらの製法で醤油をつくり続けています。
原料は長崎五島灘のミネラル塩、国産大豆、丹波種黒豆、国産小麦を使用。100年以上使い続ける直径2.3mの大きな樽で、1年から2年かけてじっくり熟成させていきます。濃厚な味が特徴の湯浅醤油、ぜひご賞味ください。お取り寄せもできますよ。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。