ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

奥山由之の考えが変わった星野源に言われた一言とは

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

奥山由之の考えが変わった星野源に言われた一言とは
J-WAVEで放送中の番組「ZOO ZOO ZOO」。この番組では写真家・奥山由之と、never young beachのフロントマン・安部勇磨が、ゆるいカルチャートークをお送りしています。12月16日(金)のオンエアでは、「初めて味わった挫折」をテーマに語り合いました。

まず奥山が、5年ほど前に「すごく勉強になった」という、“被写体の人に言われて一番覚えている言葉”について話しはじめました。その人物とは星野源さん。奥山が星野さんを初めて撮影したときのことだそうで、多摩川沿いの河原が撮影場所でした。

「星野さんがウロウロと歩いていて、たまたまよろめいた瞬間に、背景のバランスに対しての体が斜めになった感じっていうのがすごいカッコよかったわけ。でも俺、その瞬間を逃しちゃって…。『星野さん、ごめんなさい。斜めの感じをもう一回いいですか?』みたいなのを言ったときに、全然トゲのある言い方じゃなく、星野さんは普通に返答としてボソッと『理由がないとできないな』って言ったの」と奥山。

その一言からハッとして、「“なんとなく”はよくない。一緒に作っている人たちに、“なぜそういうことをしなきゃいけないか”っていう理由を説明できる限りはするようにしよう」と奥山は思ったそうです。

一方、安部はnever young beachの前に組んでいたバンドでの体験を話しました。

「21、2のとき、自分より年下の人たちがバーっと出てきて、挫折っていうかすごい焦ってたの。うっすら気付いていたんだけど、やっぱりカッコつけたかったんだよね、僕はまだ」と当時を振り返る安部。その頃は、自分のキャラに合ってないなとは思いつつも、繊細なことや「世の中どうなってるんだ」といったことを歌いたかったそうです。しかし…

「今もレコーディングしてもらっている、エンジニアの池田さんって人にすごいよく相談してたの。(中略)僕、ブーブーブーブー文句ばっかり言ってたの。うまくいかねぇって。その時に『おまえ、すげぇダセェよ』って言われたのが、けっこう心に“グッ”ときて。自分でも黙って見過ごしてきたことを言われたと思って」(安部)

そのときに「そもそもなんで安部ちゃんは音楽やってるの?」と言われ、安部は「なんかやりたくてやっちゃうんですよね」と返答。それに対して「誰かに言われてやってるわけじゃないんでしょ? それはどういうことかというと、安部ちゃんは(音楽を)生きるのと同じくらいの気持ちでやってるの。歯を磨く、ご飯を食べるみたいに」と池田さんに言われたそう。

さらに「そもそもお金を稼ごうと思って音楽をやるのはおかしいし、音楽を自分のペースで楽しくやって、それがたまたまお金につながったら運が良かっただけで、そうならないことがほとんど。そこを狙っていこうなんてお門違いだよ」とも言われたそうです。当時の安部は、バンドメンバー全員を養えるくらい成功したい、と思っていただけに、その言葉はすごく刺さったようです。

その言葉をきっかけに、「自分のペースで作って、作ったものを自分の好きな人とかに聴かせるくらいの気持ちで作ろうと思って。それを聴かせた結果、嫌われても『俺の才能がないとか、好みの違いだな』って思えるようになってきて。それが、今のnever young beachになってますね」と安部。

今回も現在の2人を構築する貴重なエピソードが聞けたのではないでしょうか。“挫折=諦めるきっかけ”、ではなく、“挫折=成長するきっかけ”にできると素敵ですよね!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「ZOO ZOO ZOO」
放送日時:毎週金曜 25時30分−26時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/dc2/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。