体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

クリスマスは自分本位にとことん楽しむ。恋人と過ごすのは過去の話

生活・趣味

クリスマスって大好き。

街の雰囲気も好き。

マライア・キャリーの「All I Want For Christmas Is You」も好き。

そして、ひとりで過ごすクリスマスも好きです。

クリスマスは恋人と過ごすのは過去の話

そもそも、「クリスマスは恋人と過ごすことがマジョリティ」だったのは、ひと昔前までの話。

国立社会保障・人口問題研究所がおこなった調査によると、

「異性の交際相手を持たない未婚者は、男性69.8%、女性59.1%に登り、半数以上が恋人ナシ」

とのこと。

また、いま、クリスマスイベントやディナー、ケーキまで、ひとりで過ごすことを前提にしたサービスを提供する店が多くなっています。

とことん自分本位でクリスマスを楽しむ

たとえば、イルミネーション。

恋人や家族と「きれいだね」なんて言いながらロマンティックをシェアするのも楽しい。

でも、目の前に広がる光の景色を、誰にも気をつかうことなく、観たいだけ観る。好きなだけ写真を撮る。

そんな、自分だけの時間にしてしまえるのも、なんとも贅沢でしあわせな時間です。

たとえば、クリスマスケーキ。

ひとり分なら、予算も好みも気にしないで好きなブランドのケーキを、好きなだけ買えます。

いっそのことホールケーキをひとり占めするもよし。23日、24日、25日と、1日1ブランドずつ、別々のショートケーキを味わうもよし。

結局、自分がしたいことをするのがいちばん

クリスマス当日の25日は独りで過ごし、イヴはスペシャルイベントに繰り出すという楽しみかたもありです。

新木場にあるイベント会場「ageHa」で毎年おこなわれている「SABISHINBO NIGHT 2016」が、今年も12月24日(土)に開催されます。

女性入場無料で、ダンス、ミュージック、フードがそろった空間で遊び放題。

タイトルは「さびしんぼう」だけれど、これだけ豪華なアーティストと空間を満喫できれば、ちっとも寂しくなんかありません。

ひとりでも、誰かとでも、自分がしたいことをするのがいちばん、というのがいまのクリスマスです。

[SABISHINBO NIGHT 2016]

撮影/出川光

こちらも読まれています

温かくなれるイルミネーション。ひとりでも、大切な人とでも #中目黒

勘違いじゃなかった。横顔に視線を感じるワケ #sponsored

楽チン! ワセリンを使った眉毛メイク #sponsored

■ あわせて読みたい

1 2次のページ
グリッティの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会