体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

100均のビーサンをかわいくカスタム! おしゃれなビーサンアクセ&DIY術

f:id:ponparemall:20161018121634j:plain

リゾートへ行く時など、海外旅行でも大活躍のビーチサンダル。最近では100円ショップにもかわいいデザインのものが売られているなど、オシャレなビーサンがプチプラで手に入るようになってきています。とはいえ、100均のビーサンはやっぱり少しチープに見えがち。そこでオススメなのが、ビーサンのカスタマイズです。ワンステップで取りつけられて、手持ちのビーサンを簡単・華やかな一足にクラスアップできちゃう専用アイテムをご紹介します。

水着の素材を使ったフリンジがキュート! 「Pomshoe」

まず紹介したいのが、アメリカ発のブランド「Pomchies(ポンチーズ)」が手がける「Pomshoe(ポムシュー)」。チアリーダーが持っている“ポンポン”のようなカラフルな飾りで、ひとつつけるだけでビーサンがとってもガーリーに。シンプルになりがちなビーサンですが、ポムシューでデコればコーディネートの主役になり、タウンユースにもぴったり。もちろん普通のサンダルも、かわいくデコれちゃいます。スイムウェアの生地を使っているので、つけたままでビーチやプールに行ける利便性も兼ね備えているんです。常夏の国に旅行で行く際などにも、取り入れてみては?

f:id:ponparemall:20161018121728j:plainf:id:ponparemall:20161018121739j:plain

どこにでも付けられるから、ビーサンはもちろん、水着のストラップに巻いてもかわいい!

Pomshoe/各1,188円(税込)

画像提供:(株)SPiCE-UP

大人女子にオススメ! LA生まれハワイ育ちの「POPITS」

カジュアルな印象のビーサンをもっとキレイめにカスタマイズしたいなら、「POPITS(ポピッツ)」のアイテムがオススメ。「POPITS」はL.A生まれハワイ育ちのブランドで、200種類以上あるチャームでヒールつきのビーサンをカスタマイズする楽しさが、ハリウッドセレブたちにうけています。チャームだけを手持ちのビーサンに取りつけてもいろいろなバリエーションが楽しめそう。ビーズやラインストーンを使ったモチーフはキラキラしているものの派手過ぎず、大人のビーチスタイルにも◎です。

1 2 3 4次のページ
ポンパレモール、やってます。の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会