ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

むくみ解消!毎日の入浴にひと工夫して美容効果UP♡

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

むくみ解消!毎日の入浴にひと工夫して美容効果UP
そもそもお風呂は汚れを落とし身体を清めるためのものですが、ただ身体を清潔に保つだけではもったいない!と前回のコラムでお伝えしました。衣類からも日常からも解放され、脳も心も身体も全部リラックスできるバスタイムで身体機能を高めましょう。

いつものお風呂を“ひと工夫”

とっておきの癒しの空間「お風呂」で、温熱・浮力・水圧などから得られる血流改善、マッサージ効果などの効能をワンランク上に引き上げる方法は、いろいろとあります。

例えば、お湯の温度、深さ、入浴剤、浸かり方。ひと工夫するだけで、いつもの健康美容効果をスペシャルなものにしちゃいましょう。

前回のコラムでお伝えした、≪入浴で得られる6つのOK効果≫や≪浮腫み解消効果を高めるためのひと工夫≫の応用編をご紹介します。

自宅で毎日得られるエステティック効果

湯船にゆっくり浸かるだけでも冷えや浮腫みの解消に効果がありますが、さらにボディの引き締めや保湿効果まで高める方法があります。

それは、お風呂に海のミネラルたっぷりのブルターニュの塩などを入れるだけ。海が持つパワーを加えることで代謝を高めて浮腫みの解消効果を引き上げながら、シェイプアップ効果、エステティック効果でお肌を整えることができます。

バスソルトのイメージ
また、入浴の前後に小さなコップ一杯ほどの白湯や常温のお水、麦茶、ハーブティーなどを飲むと、体内の巡りもさらにスムーズになります。浮腫んでいるからと言って我慢して水分を摂らずにいると、逆に身体は水分をため込んでしまい、浮腫みの原因につながりますので注意しましょう。

予防に勝る治療無し

冷えや浮腫みの解消と同時に予防も行いましょう。今回は毎日簡単にできる事を4つお伝えします。

1:職場でハイヒールを履く人は、朝から晩まで長時間履き続けないように、通勤時やお昼休みはスニーカーなどに履き替える。

2:マッサージやストレッチを習慣にして筋肉をしなやかに保つ。

3:不良姿勢による不必要な負担を身体にかけないように姿勢を正す。

4:塩分を摂りすぎないように調味料を調整したり、むくみ解消に役立つカリウムを豊富に含む野菜・果物・豆類の摂取を心掛けましょう。(腎臓疾患などをお持ちの方は、医師からカリウムの摂取についての注意事項を指導してもらいましょう)

カリウム豊富な食品のイメージ

その日の浮腫みはその日のうちに解消!

以上、美人のお風呂習慣に学ぶ「冷え・浮腫み・心身の疲労を一気に解消する“ひと工夫”」と共に、4つの予防方法を意識して多方面からのむくみ対策を実践しましょう。

そして「その日の浮腫みはその日のうちに解消する」ようにしましょう。放置するとだんだん足が太くなっていきますよ。

忙しいからと言って、シャワーだけで済ませてしまう方も多いですが、湯船につかって気持ちよく冷えも浮腫みも解消して、翌日も美しくアクティブに活躍する方がずっとお得です。ここまで読まれて「確かに!」と感じた方は、お気に入りの入浴剤を入れてゆっくり浸かってみてください。

お風呂につかるイメージ
お風呂で美しくなりながら、「自分を知る」お得な時間を楽しみましょう♪次回は、「気になる自律神経にもアプローチする美容入浴」についてお届けします。
お楽しみに~。マハロ~♪

Photo by fotolia

関連記事リンク(外部サイト)

筋肉のスジがきれいに出る、引き締まった脚をつくるマッサージ3つ
No more既読スルー!音信不通の彼との関係を復活させるLINEテク
韓国で大ブーム!新美容ドリンク「フォンダンウォーター」って?
アンチエイジング効果の高い冬野菜5選
生理前のドカ食いを防ぐホットドリンクとは?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
美LAB.の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。