ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

これぞ究極のぼっちインテリア!超セレブなシアター付きベッドでお籠りしたい♡

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
Hicanホームシアターの次はコレがくる!と話題沸騰中の「Hican」は、デジタルとデザインが融合したAVシステム搭載型スマートベッド。 HiCan

コクーンのようなプライベート空間は、両脇のブラインドを下げることでさらに密室度が増し、映画、スポーツ観戦、ゲームなどを大迫力で楽しむことができます。

HiCan

専用アプリで操作

画面操作はすべて、スマートフォンやタブレットのアプリを通して行なえるので、ベッドからわざわざ起き上がる必要はなく、なんとApple Watchでも操作可能だとか。

Hican

このほかマットのリクライニングやベッド周りのデバイス(ライト、ブラインド、エアコン等)も、すべてこのアプリで管理できます。

HiCan

世界中のセレブがこぞって出資

「Hican」のコンセプトが発表されたのは2008年のこと。そしてこのたび待望の商品化が決定しました。

今回その第1歩としてindiegogoにて出資者を募集したところ、あっさり5万ユーロ(日本円で約617万円)という目標出資額を達成。

ちなみに定価の半額(約222万円)で「Hican」が1台贈呈される出資プランは、即ソールドアウトというから驚きです!

HiCan

出資者への発送は来年4月を予定しており、日本からのオーダーも可能。

現在、定価の20%引き(約355万円)のコースはまだ出資受付中(締め切りは12月23日)なので、この夢のようなベッドを手に入れたい方はぜひ検討してみては?

HiCan

Indiegogo(Hican)
https://www.indiegogo.com/projects/hican-the-world-s-most-revolutionary-smart-bed-design-technology#/

インテリア(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。