体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スチャダラパーBoseが絶版車の総合商社的なお店でオシャレなビートルを発見!

▲歴史が長いタイプⅠ(ビートル)は、時代ごとにマニアのツボがある奥の深いモデル。バギーやバハバグなどの派生モデルも人気。ホットロッドに改造したものもあります。Boseさんは今まで通ってこなかったそうですが、そのスタイルに興味津々です

▲歴史が長いタイプⅠ(ビートル)は、時代ごとにマニアのツボがある奥の深いモデル。バギーやバハバグなどの派生モデルも人気。ホットロッドに改造したものもあります。Boseさんは今まで通ってこなかったそうですが、そのスタイルに興味津々です

専門店とあるけれど……、いったい何の専門店?

日本のヒップホップシーン最前線でフレッシュな名曲を作り続けているスチャダラパーのMC、Boseが中古車情報誌『カーセンサー』にてお届けする人気連載「Bosensor」。カーセンサー本誌で収録しきれないDEEPでUNDERGROUNDな話をお届けっ!!

Bose:今回お邪魔するのは製造が終了した絶版車を中心に扱うピィーコレクション。絶版車には僕好みのものもたくさんあるから楽しみだよ。

編集部ゆきだるま(以下、ゆきだるま):私も楽しみです。ちなみにどんな絶版車を扱っているお店なんですか?

Bose:それが……よくわからないんだ。カーセンサーnetの販売店紹介ページにも「国産絶版車・欧州絶版車」と書いてあるだけで具体的なことは何も出ていないんだ。

ゆきだるま:なんだかミステリアスですね。

持丸店長:いらっしゃいませ。今日はよろしくお願いします。

Bose:よろしくお願いします。外の展示車を見せてもらうと、かなりバリエーションに富んだ品揃えをしているんですね。

持丸店長:そうですね。当店は大きな枠で“絶版車”を扱っていますが、細かいジャンルにはこだわっていません。うちの社長が好きな車は積極的に仕入れますし、逆に社長が興味のない車は扱わない。そういうスタンスなんです。

▲ピィーコレクションの持丸店長はいろいろな絶版車に精通したメカニック。車だけでなくバイクの整備も手掛けています

▲ピィーコレクションの持丸店長はいろいろな絶版車に精通したメカニック。車だけでなくバイクの整備も手掛けています

Bose:自由だなあ(笑)。でもそういう形で自分の我を通せるというのは、商売をやるうえでの夢であり理想だと思うな。ぱっと見た感じは1980年代の四角いセダンが多い感じですね。

持丸店長:今はそんな感じですね。社長の好きなジャンルのひとつが、発売された頃は一般的なモデルで車好きからはあまり興味を持たれなかったけれど、今の時代になったら希少価値が出て高級車的な雰囲気が出てきているというものなんです。僕はその意思を引き継いでいます。あとは、例えば日産のL型エンジンを積んだモデルがあるときはそういう車が好きなお客様がよくいらっしゃり、自然にそういうラインナップが続きます。今はトヨタ車が多い時期ですね。

Bose:お店はとくに決めていないのに、お客さんが同じようなお客さんを呼びこんでくるっておもしろいなあ。せっかくだから、今のラインナップを見せてもらっていいですか?

四角い形が新鮮! トヨタ クラウンセダン、トヨタ クレスタ

▲1982年式のクラウンと1987年式のクレスタ。どちらも発売当時はおじさんたちが乗る車でしたが、30年の時を経て、ファッション感度の高い若者が注目しているそうです

▲1982年式のクラウンと1987年式のクレスタ。どちらも発売当時はおじさんたちが乗る車でしたが、30年の時を経て、ファッション感度の高い若者が注目しているそうです

Bose:実は今、この頃の四角い国産セダンがおもしろいんだよ。僕の周りでも今どきの車のデザインに満足できない仲間が注目しているの。このあたりのセダンやバンに興味が湧くと新しい車で代用ができないんだよね。

1 2 3次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会