体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

在住者が教える、イタリアでクリスマス、年末年始を楽しむときはここに注意!

“年末年始、海外で過ごしてみたい!”旅好きの方なら、きっと一度は考えてみたことがあるのではないのでしょうか? 日本とは趣の違う祝日イベントを味わうのも、旅の醍醐味ですよね。

ここに注意!イタリアでクリスマス、年末年始を楽しむ時

今回は、クリスマス、年末年始とイベント満載のこの季節のイタリアの様子と、もし旅をするなら気をつけたい点をご紹介します。

イタリアにクリスマスケーキはない!クリスマスのお菓子、パネットーネを食べよう

ここに注意!イタリアでクリスマス、年末年始を楽しむ時
(C)Ryoko Fujihara

クリスマスといえばケーキ、日本ではすっかり定着していますが、イタリアにクリスマスケーキは存在しません。イタリアのクリスマスのお菓子はパネットーネという大きな焼き菓子です。ドライフルーツが入ったものが伝統的ですが、今はチョコレート入りや、梨やイチジクなどのフルーツ入りもあります。通常1キロの大きなものですが、買いやすいように小さなものを売られていますので、郷土菓子をぜひ現地で味わってみましょう。

注意!12月25日、26日はほとんど店が閉まっている

ここに注意!イタリアでクリスマス、年末年始を楽しむ時
クリスマスは家で家族と過ごすのが一般的なイタリア。ですので、クリスマス当日の12月25日はレストランを含め、ほとんどのお店、そして美術館、公共施設なども閉まっています。そして注意すべきは翌日の26日。サント・ステファノの祝日で、この日もお休みですので、街が始動するのは27日からです。

もしクリスマスにイタリアに訪れるなら、買い物は24日までに済ませ、クリスマス当日は、イルミネーションを見ながら、イタリア人のようにのんびり部屋で過ごすというのもいいですね。

(次のページに続く)

■あわせて読みたい

新年への想いもこめて。1万個のクリスタルが輝く、ミラノのクリスマスツリー
芸術の都フィレンツェのクリスマス風景。イルミも上品で大人の雰囲気
本場イタリアのクリスマス菓子「パネットーネ」はパサパサしてないって本当?

クリスマスに開いているレストランはメニューに注意!

ここに注意!イタリアでクリスマス、年末年始を楽しむ時
中には12月25日に営業しているレストランもありますが、クリスマス特別コースメニューのみというところも多いのが現状です。特別メニューは、高額なコースメニューであることが多いので、食事内容とご予算を確認しましょう。せっかくのクリスマスですから、豪華なディナーもたまにはよいですよね。お出かけの際には、席を予約されておくとよいでしょう。

大晦日はイベント目白押し!見逃せない年越し花火も!

ここに注意!イタリアでクリスマス、年末年始を楽しむ時
クリスマスが家族で過ごすものならば、年越しは友達を街に繰り出してパーッと祝う!これがイタリア流。街中の広場でコンサートやイベントが催されます。入場券のいるものもありますが、ほとんどが無料で一般に公開されているものなので、スケジュールをぜひチェックしましょう。英語でイタリアのイベント情報を紹介しているサイトも多いので、「(街の名前) event new year 2017」などと入力して検索してみるといいでしょう。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会