体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

みんなで楽しくセルフ生春巻きパーティー、やってみる?

みんなで楽しくセルフ生春巻きパーティー、やってみる? f:id:Meshi2_IB:20161205105141j:plain

生春巻きは、お店で食べたりスーパーやデパ地下で買って帰ったりするもので、自宅で作るものではないというイメージがありませんか? 揚げ春巻きのようにおかずになるわけでもなく、かといって主食になるわけでもない。その中途半端な立ち位置が、自宅で作るハードルを上げているのでしょう。

それにぶっちゃけ、ライスペーパーに具を乗せてくるくる巻く時間と、スイートチリソースをつけてぱくりと食べる時間のギャップが大きいです。手間がかかるわりに一瞬で食べ終わる、このほのかな虚しさ。

だがしかし。セルフ手巻き寿司があるように、セルフ生春巻きでパーティーだったらどうですか?

面倒なはずのくるくる巻きも、「うまくいった」とか「ライスペーパーやぶけた!」とか「具、入れ過ぎた!」とか、みんなでわいわいにぎやかにやれば不思議と楽しいイベントに。手巻き寿司のようにいろいろな具を用意すれば、さまざまなバリエーションも楽しめます。

普段は料理をしない男子もご安心を。具を買って切って並べるだけ。あとはみんな自分で生春巻きを作ってくれます。ただし自分の家が会場になる場合は、ホストとしてライスペーパーを湯にくぐらせてる役目を担い、みなさんに提供してあげましょう。

さて、今回用意したのはこんな具です。

f:id:uralatokyo:20160818183557j:plain

クリームチーズ、アボカド、焼肉、春雨(ビーフンのつもりが間違えました。これもありでした)、サニーレタス(普通のレタスでもOKです)

f:id:uralatokyo:20160818183614j:plain

厚焼き卵(寿司の卵です)、スモークサーモン、海老、きゅうり

f:id:uralatokyo:20160818183631j:plain

生ハム、ゆで卵、ローストビーフ、カニ風味かまぼこ、パクチー(必須です)

パクチーは苦手な人は入れなければいいだけなので、たっぷり用意しましょう。

f:id:Meshi2_IB:20161205105426j:plain

ライスペーパーは固い状態です。これを大きなフライパンに入れた40度くらいのお湯に数秒くぐらせ、まだ固いうちに引き上げます。長くお湯の中に置きすぎると柔らかくなりすぎて、取り出すのも一苦労になるので気をつけて。固い状態で引き揚げ、皿に置いたら柔らかくなる、これがポイントです。お湯が熱すぎるのも柔らかくなりすぎる原因になるので、くれぐれも「お風呂のお湯の温度」で。ああ、うちのキッチン用品がお湯に写り込んでおる。すみません。

1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。