ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【今日のひとしな】寒い週末のごちそう「クラムチャウダー」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

冬のテーブルに、あつあつ、クリーミーなミルクのスープがあったらそれだけでごちそう。週末はちょっとリッチに、具だくさんの濃厚スープを作りませんか?今回ご紹介するのは、一皿で主役級の満足感がある「クラムチャウダー」。ホワイトソースを手づくりするのが難しそうなイメージですが、ちょっとしたコツで、初めてでも失敗せずとろっとろの仕上がりになるコツがあるんです。1f7cad3a f16e 43c9 af84 a9f9c2f3eee8

コウケンテツさんの「濃厚クラムチャウダー」

F3834243 cc75 4878 86b8 fc36b0aa10c9

コウさんのこだわり。

あさりは丁寧に「砂抜き」を。

生きたあさりは、海にいるときの状態、つまり海水の中に漬けておくことで、元気に呼吸を始めます。すると、体の中にある砂を吐いて、食べた時に「じゃり!」っとなるあの嫌な感じがなくなります。ちょっとしたひと手間ですが、食感はやっぱり大事。新鮮なあさりだからこそ、美味しく食べる工夫を覚えたいですね。

小麦粉を具材にまぶし炒め、なめらか食感に。

ホワイトソースは普通、バターと小麦粉をペースト状態に炒めたところに牛乳を少しずつ混ぜのばして作ります。これがなかなかテクニックが要る。でも、コウさんの作り方なら誰でも失敗なし!コツは、あらかじめ玉ねぎに小麦粉をまんべんなくまぶして、一緒に炒めてしまうこと。玉ねぎのほどよい水分が小麦粉の焦げ付きを防ぎ、スープにした時のなめらかなとろみの素になってくれますよ。

仕上げはやさしく。

牛乳は、沸騰させすぎると分離して、食感が悪くなってしまいます。ごく弱火で温めるようにし、とろみが付いたら完成。アツアツを頂きましょう。

動画でチェック!

濃厚クラムチャウダー

濃厚クラムチャウダー

関連記事リンク(外部サイト)

【今日のひとしな】練習しよう、フライパンで完璧ローストビーフ
【今日のひとしな】週末のごほうびに。エスニックパンケーキ
【今日のひとしな】遅く帰った日の、癒しスープ

カテゴリー : グルメ タグ :
ゼクシィキッチンコラムの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。