ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

今市隆二、ファンからのメッセージで決意新たに

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

今市隆二、ファンからのメッセージで決意新たに
J-WAVEで放送中の番組「SPARK」(木曜ナビゲーター:三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEの今市隆二)。12月15日(木)のオンエアでは、リスナーから届いた三代目JSBの曲の思い出と、その曲の制作秘話を紹介するコーナー「JSB MEMORIES」を1時間に拡大して行いました! その中からいくつか紹介していきます。

まずは「Go my way」。この曲をテレビで見てJSBと今市のファンになったというリスナーの方からの「転職して新しい仕事と環境を励ましてくれたのもこの曲」というメッセージに、「自分の周りも『好きだ』って言ってくれる方が多くて。そういうパワーあるんでしょうね」と感慨深げな今市。リーダーのNAOKIさんも、休業している間もこの曲をよく聴いていたというエピソードも明かしました。

続いて、小学1年生から中学3年生までピアノを習っていたというリスナーさん。自分から希望していたわけではなく「親に習わされていた」という感じだったため、中学生になり反抗期でピアノをやめてしまったそうですが、ライブで今市が「Powder Snow〜永遠に終わらない冬〜」をピアノで弾いている姿を見て感動し、「ピアノをまた弾きたい」と、またピアノを始めたとのこと。

今市も幼稚園から小学生まで「お母さんの勧めで」ピアノを習っていたため「一緒ですね…」と、このリスナーの気持ちがよく分かった様子。「ピアノは嫌いになりがちなんですよね…今では、『もっとあのときやっとけばよかったなあ』っていうのはありますけどね」と当時を思い返します。「ピアノはどの楽器よりも癒されますよね」と改めて話し、「これからも変わらず、ピアノを弾き続けていきたいなと思います」と続けていました。ちなみに今市はちょうど今、家にあるピアノを買い換えている最中でワクワクしているそうです。

今市は最後に「こうやってまとめて“JSB MEMORIES”をお届けすることは無かったのでね…丸々やるとたくさん聴けますし、いろんなエピソードがあるんだって改めて感じました」とコメント。そして「自分たちが作った曲がそれぞれの方の人生に寄り添えているというか、ちょっとでもプラスになればいいなという思いがあったので、こういうエピソードがたくさん聴けて嬉しく思いました。変わらずいい曲作って皆さんにお届けできればなと思います! 一生懸命歌いたいと思いますので!」と決意を新たに語っていました。

そして実はこのコーナー、今回が最終回という残念なお知らせが…。また生まれるであろう新たなコーナーに期待しましょう!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「SPARK」
放送日時:月・火・水・木曜 25時ー26時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/spark/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。