ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

医療機器並みに心電図を計測!スマートウォッチ「Cronovo」は健康管理に一役

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

Cronovo最近のスマートウォッチやフィットネストラッカーは、燃焼カロリーや歩数などを計測できるのは当たり前。最先端のものだと心拍までわかる。

しかしこのほどクラウドファンディングサイトKickstarterに登場したスマートウォッチ「Cronovo」はさらに上をいく。なんと医療機器並みの精度で心電図を取れるというもの。

併せて代謝率や呼吸状態などもとらえ、それらを総合的にスコア化して健康的な生活を送るためにどこを改善すべきか指南してくれる。

Cronovo2・状態を10段階で評価

医療機器並みの心電図といっても、それらを読み取れる人は少ない。そこでCronovoでは、代謝や運動量などあらゆる要素を勘案して、体の状態を10段階で評価する。

スコアがよければそのままでいいだろうが、悪い場合は何を改善したらいいのか気になるところ。Cronovoはそうした分析も行い、ユーザーにアドバイスもする。

また、最大酸素摂取量などを表示するのでそれを参考にしながらトレーニングすれば運動効率を高めることができ、専用アプリにある運動メニューを活用するのもよさそうだ。

Cronovo3・お知らせや通話機能も

こう書くとアスリート向けのニッチな時計かと思うかもしれないが、通常のスマートウォッチ同様にノーティフィケーション通知や通話の機能もある。

なので、Cronovoはスマートウォッチ生活を楽しみつつ、心拍や基礎代謝、睡眠の状態などを日常的にモニターしてより健やかな生活を送りたいという人のためのものといえそう。

気になるお値段はというと189.99ポンド(約2万8000円)。しかしKickstarterでは今なら 119ポンド(約1万7000円)〜とおトクに入手することができる。

資金調達目標額はすでにクリアしているので商品化はほぼ確実な情勢。日本へもプラス25ポンド(約3600円)で発送してくれるので、健康が気になる人は要チェック!出資期限は来年1月28日。

Cronovo/Kickstarter

https://ksr-video.imgix.net/projects/2624435/video-731297-h264_high.mp4

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。