ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

【期間限定】三浦半島を贅沢に。川越シェフプロデュース「LAUMI」とは?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

【期間限定】三浦半島を贅沢に。川越シェフプロデュース「LAUMI」とは?
美しい海岸が印象的な三浦半島。三浦半島までは、東京からも電車などで1時間ちょっと。都会の喧騒から離れた落ち着きのある、のどかな雰囲気に癒されます。

そんなは三浦半島でしか食べられない、川越達也シェフプロデュースのオリジナルメニュー「LAUMI」。神奈川県が三浦半島自慢の食材を豊富に使ったメニューを川越シェフに依頼し、実現したものです。その川越シェフ考案のレシピをもとに、ホテルや飲食店で再現・アレンジし、提供中。価格は店舗によって異なります。このLAUMIを目当てに、川越シェフのファンの方も多く訪れているそうです。

観音崎京急ホテル

【期間限定】三浦半島を贅沢に。川越シェフプロデュース「LAUMI」とは?
観音崎は、海岸沿いの散歩やドライブにも最適。オススメは、馬堀海岸駅から観音崎までの約7.5kmを2時間ほどかけて散歩するコース。横須賀美術館や県立観音崎公園、観音崎灯台などの観光地も見逃せません。

そんな観光途中の休憩やお食事にも便利な「観音崎京急ホテル」。ガラス張りの美しい店内で東京湾を眺めながら、優雅にお食事を楽しめます。さっそくLAUMIオリジナルメニューとホテルのコラボコースをいただきました。

川越シェフプロデュースメニュー「前菜・パスタ・魚料理」

【期間限定】三浦半島を贅沢に。川越シェフプロデュース「LAUMI」とは?
いただいたのは、川越シェフプロデュースのLAUMIオリジナルメニュー「前菜・パスタ・魚料理」と、ホテルオリジナル「肉料理・デザート」のコラボコース。

前菜は「三浦半島産カワハギのフリット アカモク入りタルタルソース エビ芋のコロッケ添え」。カワハギのフワフワとした食感と、アカモク入りのタルタルソースの独特の食感がマッチしていて、とっても美味しい。アカモクは海藻の1種で、今回のLAUMIメニュー3品全てに利用されている注目の食材です!

【期間限定】三浦半島を贅沢に。川越シェフプロデュース「LAUMI」とは?
人気の高いパスタは、「三浦半島産タコのラグー アカモクとシラスのパスタ アカモク醤油風味」。ピリ辛で食欲をそそる味。細いパスタとの相性も抜群。いくらでも食べられそうなくらいおいしい。三浦半島産のタコも、良いアクセントになっています。

(次のページに続く)

■あわせて読みたい
【保存版】鎌倉江の島散策の必見スポット&グルメ7選
http://tabizine.jp/2015/04/03/34268/

【期間限定】三浦半島を贅沢に。川越シェフプロデュース「LAUMI」とは?
魚料理は「三浦半島産金目鯛とサザエとアカモクのソテー 生姜風味の焦がしバター醤油」。金目鯛とサザエを使った贅沢な1品。サザエとアカモクが、初めての味わいを醸し出しています。三浦半島の海の美味がぎゅと凝縮されたようなお料理。とってもおいしい。

ホテルオリジナルメニュー

【期間限定】三浦半島を贅沢に。川越シェフプロデュース「LAUMI」とは?
「仔羊のソテーマスタードソース」は、ホテルのオリジナルメニューです。オリーブ漬けにすることによって、お肉がとっても柔らかくなります。仔羊が苦手な方には他のお肉に変更も可能。

【期間限定】三浦半島を贅沢に。川越シェフプロデュース「LAUMI」とは?
デザートもホテルのオリジナル。コラボコースは、以上のメニューと、パンとコーヒー又は紅茶が全てセットになっています。お値段は8,000円。「LAUMI」オリジナルメニューは単品でも注文可能です。他のアラカルトや、コースメニューと組み合わせ、好みのものを味わうこともできます。

観光はもちろん、その土地の美味しいものを味わうのは旅の醍醐味ですよね。三浦半島のLAUMIメニューを観音崎京急ホテルで食べられるのは12月末まで。1日5食限定(ランチタイムのみ)です。お見逃しなく!

[All Photos by akaryx]

■あわせて読みたい
【観音崎】リゾート気分満点!海風を感じながら楽しめる散歩道
http://tabizine.jp/2015/08/01/41076/

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。